金融犯罪にご注意ください

安心してご利用いただくためにさまざまな金融犯罪についてご案内します。

お知らせ

金融犯罪事例

実際に他金融機関などで被害が発生しているさまざまな金融犯罪についてご案内します。

インターネットでおこなわれる金融犯罪

インターネットでおこなわれる金融犯罪
スパイウェアやフィッシング詐欺といった、インターネットを利用した金融犯罪

通帳・キャッシュカードの偽造・盗難

通帳・キャッシュカードの偽造・盗難
キャッシュカード・通帳の盗難や、キャッシュカードの偽造による金融犯罪

預金・現金をだまし取る金融犯罪

預金・現金をだまし取る金融犯罪
振り込め詐欺・貸します詐欺・還付金詐欺など預金・現金をだまし取る金融犯罪

横浜銀行の職員等を名乗りキャッシュカードを騙し取る金融犯罪

横浜銀行の職員等を名乗りキャッシュカードを騙し取る金融犯罪
横浜銀行や銀行協会の職員、警察官等を名乗り、キャッシュカードを 騙し取る金融犯罪

キャッシュカードを偽物にすり替え騙し取る金融犯罪

キャッシュカードを偽物にすり替え騙し取る金融犯罪
キャッシュカードを封筒等に入れさせ、目を離した隙に、偽物とすり替え騙し取る金融犯罪

金融犯罪に関する情報

金融犯罪の被害にあわないために

不正利用対策やご注意点などをご案内します。

お客さまへ確認のお願い

金融犯罪被害にあわないために、お客さまご自身でご確認いただきたいことをまとめました。

お客さまへ確認のお願い

横浜銀行のセキュリティ対策

横浜銀行では、お客さまが安心してご利用になれるようセキュリティの確保に努めています。

横浜銀行のセキュリティ対策

不正送金・フィッシング対策ソフト「PhishWall プレミアム」をご利用ください

PhishWall(フィッシュウォール)プレミアムは、株式会社セキュアブレインが提供するフィッシング・MITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃による不正送金対策ソフトです。
無料でインストールできますので、ぜひご利用ください。

横浜銀行スマートフォン専用アプリ

スマートフォンをご利用のお客さま向けに、Andoroid OS・iOSに対応したセキュリティアプリをご提供しています。ご利用は無料となっておりますので、ぜひご利用ください。

万全のセキュリティ対策で安心インターネット!

インターネットを悪用したさまざまな犯罪が発生しています。中でもインターネットバンキング利用者を狙ったものでは、大切な預貯金を盗もうとするものが増えています。ここでは、そのような金融犯罪の被害にあわないための対策を紹介しています。ぜひご一読ください。

被害にあわれた場合

万一、お取り引きで被害にあわれた場合は、至急警察へ被害届けをご提出になり、横浜銀行へご連絡ください。
また、〈はまぎん〉マイダイレクト(インターネットバンキング・モバイルバンキング)をご利用のお客さまで、銀行休業日など受付時間外の場合は、ホームページ上または携帯電話から「緊急利用停止登録」をおこなってください。

お問い合わせ先

通帳・カード・お届け印を紛失または盗難にあわれた場合のお問い合わせ

お問い合わせ先 受付日・時間
お取り引き店または最寄店
銀行窓口営業日の午前9時~午後5時
自動機サービスセンター
  • 海外からの通話などフリーダイヤルをご利用になれない場合
24時間365日

個人向けインターネットバンキング・モバイルバンキングのお取り引きで被害にあわれた場合のお問い合わせ

お問い合わせ先 受付日・時間
ハローサービス
  • 緊急利用停止登録をおこなった場合は、必ずインターネットバンキングヘルプデスク(0120-189-458)にご連絡くださいますようお願いします。
平日、土日:午前9時~午後5時
  • 土日以外の祝日・振替休日、12月31日~1月3日、5月3日~5月5日はご利用できません。

法人向けインターネットバンキングのお取り引きで被害にあわれた場合のお問い合わせ

お問い合わせ先 受付日・時間
EB照会デスク 銀行窓口営業日の午前9時~午後5時

被害補償等の対応について

関連情報

このページをシェア

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。