外国送金

横浜銀⾏本⽀店窓⼝にて、外国への送⾦および外国からの送⾦をお取り扱いしています。アメリカ・ドル(⽶ドル)をはじめ、ユーロなど21種類の通貨を送⾦することができます。あらかじめ送⾦に必要な情報をご準備のうえ、窓⼝にお申し出ください。

サービス概要

外国へご送⾦する場合(仕向送⾦)

送⾦種類

電信送⾦:電信を使って、お受け取り⼈の取引銀⾏へ送⾦する⽅法です。

取扱通貨

横浜銀⾏では、21種類の通貨で送⾦が可能です(2014年3⽉現在)。

  • アメリカ・ドル(米ドル)
  • スイス・フラン
  • ニュージーランド・ドル
  • タイ・バーツ
  • ノルウェー・クローネ
  • 韓国ウォン(※)
  • インド・ルピー(※)
  • ユーロ
  • カナダ・ドル
  • 香港ドル
  • スウェーデン・クローネ
  • 日本円
  • 台湾ドル(※)
  • マレーシア・リンギット(※)
  • イギリス・ポンド
  • オーストラリア・ドル
  • シンガポール・ドル
  • デンマーク・クローネ
  • 中国元(※)
  • インドネシア・ルピア(※)
  • メキシコ・ペソ(※)

ご⽤意いただくもの

  1. 1.
    現在ご利⽤のお通帳ならびにお届け印
    • キャッシュカード・現⾦等での送⾦はお受付しておりません。
  2. 2.
    ご本⼈確認書類
    お客さまのご本⼈確認については、「お客さまの確認に関するお願い」をご覧ください。
  3. 3.
    個⼈番号(マイナンバー)または法⼈番号が確認できる書類
    マイナンバーの提⽰については、「マイナンバーの提⽰のお願い」をご覧ください。
  4. 4.
    ご送⾦の⽬的および受取⼈さまとの関係が確認できる書類
    ご送⾦の⽬的について確認させていただく場合がありますので、お取り引きに関する資料等がございましたらあわせてご⽤意ください。
  5. 5.
    お受け取り⼈さまの英⽂情報

必要情報

横浜銀⾏から外国送⾦をおこなう際は、以下の情報をご準備ください。

必要な情報 ご注意点
支払銀行名称・支店名・住所・国名
(PAYING BANK・BRANCH・ADDRESS・COUNTRY)
送金依頼書にはアルファベットでのご記入となりますので、英文表記の情報をご準備ください。
スイフトコード(SWIFT CODE)
  • BICコードと呼ばれることもあります。
国際通信手段において、銀行を特定するためのコードです。8桁または11桁のアルファベットと数字で構成されています。
受取人名・住所・国名
(BENEFICIARY・ADDRESS・COUNTRY)
送金依頼書にはアルファベットでのご記入となりますので、英文表記の情報をご準備ください。
受取人口座番号
(BENEFICIARY’S ACCOUNT NO.)
IBAN:欧州・中東等向け送金で必須
(International Bank Account Number)
SORT CODE:英国向け送金で必須
TRANSIT NUMBER:カナダ向け送金で必須
ご記入もれや誤りがあると、送金が遅延したり、ご資金が返却される場合がありますのでご注意ください。
  • IBANについて
    受取人さまが口座を保有する銀行の所在国・支店および口座番号を特定するためのコードです。最大34桁のアルファベットと数字で構成されています。
  • SORT CODEについて
    英国で銀行コードを表す数字です。
  • TRANSIT NUMBERについて
    カナダで支払銀行の支店を特定するために定められた5桁の番号です。
送金目的
(PURPOSE)
法令に基づき、送金目的を具体的にご記入ください(仕送り・宿泊代金など)。
送金目的が輸入代金支払の場合は具体的な商品名と商品の原産地・船積地、仲介貿易の場合は具体的な商品名・商品の原産地・船積地に加え仕向地をご準備ください。
商品名
(MERCHANDISE)
原産地・船積地・仕向地
(ORIGIN・SHIPPED FROM・SHIPPED TO)

適⽤相場

当⽇のTTS(電信売相場)を適⽤します。

当⽇のTTSは、銀⾏休業⽇を除く⽉曜⽇から⾦曜⽇までの毎⽇午前11時頃に、「外国為替・マーケット情報」の外国為替相場情報を更新しますので、ご確認ください。

当⽇の為替相場公表前にお取り引きを希望される場合は、お取り引き店の窓⼝にお問い合わせください。

送⾦受付時間

銀⾏休業⽇を除く⽉曜⽇から⾦曜⽇までの 午前9時〜午後3時

⼿数料

外国からの送⾦をお受け取りになる場合(被仕向送⾦)

必要情報

外国から横浜銀⾏の⼝座へ送⾦を受ける際は、受取⼈英⽂名、住所等のほかに以下の情報を送⾦依頼⼈へ通知してください。

必要な情報 記入例
横浜銀行英文名称(PAYING BANK) The Bank of Yokohama, Ltd.
スイフトコード(SWIFT CODE)
  • BICコードと呼ばれることもあります。
HAMAJPJT

お取り引き店名(BRANCH NAME)

住所(ADDRESS)

~BRANCH (本店営業部のみHEAD OFFICE)

(例) 関内支店 KANNAI BRANCH
63, Bentendori 4-chome, Naka-ku, Yokohama,Kanagawa, JAPAN

受取人口座番号
(BENEFICIARY’S ACCOUNT NO.)
Account NO.○○○-□□□□□□□
(店番号3桁の数字+口座番号7桁の数字)

適⽤相場

当⽇のTTB(電信買相場)を適⽤します。

当⽇のTTBは、銀⾏休業⽇を除く⽉曜⽇から⾦曜⽇までの毎⽇午前11時頃に、「外国為替・マーケット情報」の外国為替相場情報を更新していますので、ご確認ください。

⼿数料

お問い合わせ

電話で相談する

ハローサービス

【電話受付時間】

  • 平日、土日9時~17時
  • 土日以外の祝日・振替休日、12月31日~1月3日、5月3日~5月5日はご利用できません。

お店で相談する

お近くの店舗を探す

店舗検索

外国送⾦についてのご注意(必ずお読みください)

外国へご送⾦する場合(仕向送⾦)

  • 横浜銀行では法令に基づき、お取り引き内容の詳細をお伺いする場合があります。
  • ご本人さまの本人確認をおこなうために、氏名・住所・生年月日が記載された公的書類(運転免許証・パスポートなど)を提示していただく場合があります。
  • 法人名義のお取り引きについても、登記書類や印鑑証明書等によって、法人およびご担当者の方の本人確認をする場合があります。
  • 法令等に基づきお手続きができない場合がありますので、何卒ご了承ください。

外国からの送⾦をお受け取りになる場合(被仕向送⾦)

  • 外国からの送金をお客さまの口座に入金する際、横浜銀行がお受け取り理由を確認する場合があります。確認が取れない場合、当日付でのご入金ができない場合があります。
  • 法令上、ご入金口座は本人確認済の口座でなければならないため、氏名・住所・生年月日が記載された公的書類(運転免許証・パスポート)でご本人さまを確認する場合があります。また、個人番号(マイナンバー)が確認できる書類のご提示をお願いする場合があります。
  • 法人名義のお取り引きについても、登記書類や印鑑証明書などによって、法人およびご担当者の方の本人確認をする場合があります。また、法人番号が確認できる書類のご提示をお願いする場合があります。
  • 法令等に基づきご入金ができない場合がありますので、何卒ご了承ください。

このページをシェア

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。