公的年金をお受け取りになるための手続き

公的年金のお受け取りには、事前のお手続きが必要です。

公的年金のお受け取りには、受取金融機関への申請が必要です。
申請手続きが完了すると、偶数月15日に入金となります(15日が土・日・祝日の場合は、前平日窓口営業日となります)。
横浜銀行で公的年金をお受け取りいただく手続きについて、ご確認いただけます。

すでに公的年金をお受け取りで、横浜銀行に受取口座を変更する場合は、来店せずに変更できる「年金自動受取変更パック」をご用意しています。

公的年金をお受け取りになるための方法

はじめて公的年金をお受け取りになる場合

年金の支給開始年齢になる3か月前に、年金の受給資格など一定の要件を満たした方に、日本年金機構(もしくは最後に加入した共済組合)より、「年金請求書」が送付されます。

  1. 1.
    年金請求書に必要事項をご記入。
  2. 2.
    預金口座のある横浜銀行の窓口に「年金請求書」をお持ちください。
    金融機関の証明印を押してお返しします。
  3. 3.
    年金請求書を日本年金機構にご提出。
年金自動受取サービスの仕組み(本人→1 年金請求書に必要事項をご記入 横浜銀行の窓口へ※→横浜銀行、横浜銀行→2 金融機関の証明印を押してお返しします 本人、本人→3 年金請求書のご提出→管轄の日本年金機構 年金事務所、管轄の日本年金機構 年金事務所→年金証書→本人、管轄の日本年金機構 年金事務所→年金のお振り込み→横浜銀行)

他の金融機関ですでに公的年金をお受け取りになり、お受け取り口座を横浜銀行に変更する場合

「年金自動受取変更パック」をご利用ください。
年金自動受取変更パックは、横浜銀行の店頭(窓口)または、メールオーダーからも請求できます。

関連情報

お問い合わせ

年金に関するご相談

〈はまぎん〉年金デスク

電話受付時間銀行窓口営業日の午前9時~午後5時

このページをシェア