横浜銀行カードローンでのお借り換え・おまとめ

横浜銀行カードローンでのお借り換え・おまとめ 図解で詳しく解説します!

横浜銀行カードローンでのお借り換え・おまとめ 図解で詳しく解説します!

このようなお悩みはございませんか?

横浜銀行カードローンでのお借り換え・おまとめで解決できるかもしれません。

他のローンやクレジットカードのリボ払いなどを横浜銀⾏カードローンでお借り換え・おまとめができます。お借り換えやおまとめをすることで、返済負担を軽くできる場合があります。

カードローンのお借り換え・おまとめの場合も、審査が必要となります。

口座がなくてもお申し込み可能!審査結果のご連絡は最短即日

お申し込みはこちらモーダルウィンドウが開きます

各種ローン・クレジットカードのご利用は計画的に。

お借り換え・おまとめのポイントについて詳しく解説!

ポイント1利息負担を軽減できる場合がある

お借り換え・おまとめすることで、利息負担を軽減し、「支払総額を減らす」「返済期間を短くする」ことができる場合があります。

支払総額

低い金利になることで、借入金額が同じ場合でも利息の分、支払総額が少なくなる可能性があります。

〈例〉50万円の借り入れを金利14.6%(年)と金利18.0%(年)それぞれ毎月1.5万円ずつ返済した場合
[A社 金利18.0%(年)]利息 198,312円、元金 500,000円、支払総額 698,312円 [B社 金利14.6%(年)]利息 145,112円、元金 500,000円、支払総額 645,112円 支払総額が少ない!

返済期間

低い金利になることで、返済額のうち元金に充てられる割合が高くなります。
そのため、毎月同じ金額を返済した場合、返済期間が短くなります。

〈例〉50万円の借り入れを金利14.6%(年)と金利18.0%(年)それぞれ毎月1.5万円ずつ返済した場合
[A社 金利18.0%(年)]47回目で完済! [B社 金利14.6%(年)]43回目で完済!

横浜銀行カードローンの金利は年1.5%~14.6%となっているので、それより高い金利で借り入れをしている場合は、お借り換え・おまとめの検討をしてもよいかもしれません。

ポイント2月々の返済額を軽減できる場合がある

複数の借り入れをまとめること(おまとめ)で、月々の返済額を軽減できる可能性があります。

〈例〉3つの借り入れを横浜銀行カードローンに借り換えした場合

[X社]毎月返済額 30,000円、借入残高 100万円、金利 15.0%(年)+[Y社]毎月返済額 10,000円、借入残高 50万円、金利 14.0%(年)+[Z社]毎月返済額 8,000円、借入残高 45万円、金利 15.0%(年) =毎月返済額合計 48,000円 [複数の借り入れをまとめると]毎月返済額 25,000円、借入残高 195万円、金利 11.8%(年)※お借り入れ限度額200万円の場合 =毎月返済額合計 25,000円 毎月のご返済が23,000円軽減

ポイント3返済管理がカンタンに!

複数の借り入れがある方は、横浜銀行カードローンにまとめることで、毎月の返済管理を簡単にすることができます。

横浜銀行カードローンの返済方法は、毎月口座からの自動引き落としです。
スマホアプリ「はまぎん365」を登録されると、返済に関する通知を受け取ることができるため、返済をうっかり忘れることを防ぐことができます。

カードローンのお借り換え・おまとめの場合も、審査が必要となります。

お申し込み・お問い合わせ先

お申し込み

お電話で

横浜銀行カードローン受付センター

  • 電話受付時間銀行窓口営業日の9:00~19:00

郵送で

横浜銀行の店頭・ATMコーナーのリーフレットに必要事項をご記入のうえ、郵送してください。

FAXで

横浜銀行の店頭・ATMコーナーのリーフレットに必要事項をご記入のうえ、FAXしてください。

  • 受付時間24時間365日

お問い合わせ

仮審査申し込みについて

横浜銀行カードローン受付センター

  • 電話受付時間銀行窓口営業日の9:00~19:00

ご契約後のお取引や
ご返済に関するご相談について

横浜銀⾏カードローンプラザ
(横浜銀⾏カードローン相談窓口)

  • 電話受付時間銀行窓口営業日の9:00~19:00

商品内容について

横浜銀行チャットサポート

  • 〈オペレーター対応可能時間〉平日:10:00~18:00
  • 個人情報を入力されないようにご注意ください。ご契約やお申し込みの状況など、個々のお客さまの状況に関するお問い合わせはお答えできません。

このページをシェア