団体信用生命保険

住宅ローンの「もしも」に備える団体信用生命保険です。

団体信用生命保険は、住宅ローンの借主ご本⼈さまが万⼀死亡または所定の⾼度障害状態に該当された場合、⽣命保険会社が住宅ローンの残⾼相当額を保険⾦受取⼈である銀⾏に⽀払い、その保険⾦が住宅ローンの返済に充当される保険です。

ローンご返済中に、死亡・所定の高度障害状態があった場合、残りのローン残高0円に

⼈気のラインアップ

もしものリスクに備えませんか?

79歳までにがんと診断される方の割合 男性41.3% 女性28.6% ※公益財団法人がん研究振興財団「がんの統計’15」 <累積がん罹患・死亡リスク(1)年齢階級別罹患リスク(2011年罹患・死亡データに基づく)>より 男性の約10人に4人、女性の約10人に3人が79歳までにがんと診断される可能性があります。
悪性新生物、心疾患、脳血管疾患が日本人の死亡原因の約50%を占めます。 日本人の死亡原因の割合(男性) 悪性新生物32.9% 心疾患13.8% 脳血管疾患8.0% 肺炎9.8% 腎不全1.8% 肝疾患1.5% 老衰3.1% その他29.1% ※厚生労働省「平成27年(2015)人口動態集計(確定数)の概況」 <第6表「性別にみた死因順位(第10位まで)別 死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合」>より
入院した場合の平均在院期間は、およそ半月から1か月半です。 退院患者の平均在院日数 一般診療所 (単位:日) 35歳~64歳10.0 65歳以上32.1 病院 (単位:日) 35歳~64歳25.5 65歳以上42.3 ※厚生労働省「平成26年(2014)患者調査の概況」概況表 <図8「年齢階級別にみた退院患者の平均在院日数の年次推移」>より

商品紹介

6種類の豊富なラインアップをご⽤意!

地銀協一般団信

基本の保障 死亡、高度障害 残債一括返済保障 余命6か月
ご遺族・ご家族サポート【MY生活応援ネット】を3年間無料!
⾦利の上乗せ なし
項目 内容
保険金のお支払条件 保険期間中に死亡または所定の高度障害状態に該当した場合(死亡・所定の高度障害状態に関する保障は、保障開始日から始まります。)
特約内容 【リビングニーズ特約】
医師の診断をもとに、保険会社に余命6か月以内と判断された場合、ローン残高相当額が保険金として支払われます。
引受保険会社 明治安田生命保険相互会社(幹事)
ご利用になれる方 お借入時の年齢が満15歳以上満71歳未満で、最終返済時の年齢が満82歳未満の方
お借入金利 金利の上乗せはありません。
お借入金額 1億円以内(横浜銀行および他金融機関からの既存のお借り入れで、「地銀協団信制度」ご加入分を含みます。)
  • 1億円を超える場合は窓口にご相談ください。

基本の保障

住宅ローン残⾼が0円になります。

死亡または所定の高度障害状態

可能

残債⼀括返済保障

住宅ローン残⾼が0円になります。

ガン

-

保障はありません
脳卒中

-

保障はありません
急性⼼筋梗塞

-

保障はありません
⾼⾎圧症、糖尿病 、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎

-

保障はありません
上記以外の傷病

-

保障はありません
余命6か⽉以内

可能

医師の診断をもとに保険会社によって判断された場合

⽉額返済⽀援保障

⽉々のローン返済相当額をお⽀払いします。

傷病・疾病による⼊院

-

保障はありません
⾼⾎圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎による就業不能状態※1

-

保障はありません

⼀時⾦保障

⼀時⾦をお⽀払いします。

⼊院

-

保障はありません
奥さまのガン

-

保障はありません

ご遺族・ご家族サポート 【MY⽣活応援ネット】

  • 「MY⽣活応援ネット」は、団体信用生命保険の引受保険会社である明治安⽥⽣命保険相互会社が提供するサービスです。

地銀協一般団信付き住宅ローン、3大疾病保障特約付き住宅ローン、全傷病保障特約付き住宅ローンのいずれかをご利用中に、借主ご本人さまが万⼀死亡または所定の高度障害状態となった場合、ご遺族さま、ご家族さまがお電話(フリーダイヤル)による相談サービスを3年間無料でご利用できます。

ご相談できる内容
  • 24時間 健康・医療相談サービス
    健康に関する不安や⼼配を年中無休・24時間いつでもフリーダイヤルでご相談できます。保健師、看護師等のヘルスアドバイザーと顧問医が責任をもってお答えします。
  • メンタルヘルス相談サービス
    専⾨カウンセラー(臨床⼼理⼠等の資格者)がプライバシー厳守にてカウンセリングを⾏います。⽇本全国どこからでもフリーダイヤルでご相談できます。
  • FP相談サービス
    FP技能⼠、CFP資格取得者が相続・資産管理・将来の⽣活設計などに対する疑問にお答えします。⽇本全国どこからでもフリーダイヤルでご相談できます。
  • 障がい相談サービス
    ⾝体の障がいに関する様々な相談に社会福祉⼠等が無料でお答えします。
  • 住宅ローン残高が0円になるなどの保険金、診断給付金や特約保険金のお支払いには制限条件があります。保険金、診断給付金や特約保険金をお支払いできない場合など、お客さまの不利益となる事項や詳しい保険の内容については、「被保険者のしおり」、あるいは「重要事項に関するご説明」に記載の『契約概要』『注意喚起情報』を必ずお読みいただき、保障内容の詳細等をご確認ください。
  • ※1
    就業不能状態とは・・・入院または医師の指示による自宅療養等により、本人の経験・能力に応じたいかなる業務にもまったく従事できない状態。

ガン保障特約付き団体信用生命保険

ガンと診断されたら住宅ローンが0円にダブル⼊院保障付き

基本の保障 死亡、高度障害 残債一括返済保障 がん、余命6か月
月額返済支援保障 入院 一時金保障 入院10万円
⾦利の上乗せ 0.20%

詳細を⾒る

3⼤疾病保障特約付き団体信用生命保険

悪性新⽣物・脳卒中・急性⼼筋こうそくに備える

基本の保障 死亡、高度障害 残債一括返済保障 がん、脳卒中、急性心筋こうそく 余命6か月
ご遺族・ご家族サポート【MY生活応援ネット】を3年間無料!
⾦利の上乗せ 0.25%
項目 内容
保険金のお支払条件 死亡または所定の高度障害状態に該当した場合(死亡・所定の高度障害状態に関する保障は、保障開始日から始まります。)
特約内容 【3大疾病保障特約】
保険期間中に以下の状態に該当した場合、特約保険金が支払われます。
〈悪性新生物(がん)〉生まれて初めて悪性新生物に罹患したと医師により診断確定された場合。
  • 「上皮内がん」「皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がん」は対象となりません(「上皮内がん」には、子宮頸がん0期、食道上皮内がん、乳房・膀胱・腎盂・尿管などの非浸潤がん、大腸の粘膜内がん等があります)。
  • 保障開始日より91日目の診断以降から対象となります。

〈急性心筋こうそく〉保障開始日以後の疾病を原因として、所定の急性心筋こうそくを発病し、初診日を含め60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師に診断された場合、または所定の手術を受けた場合。
〈脳卒中〉保障開始日以後の疾病を原因として、所定の脳卒中を発病し、初診日を含め60日以上、言語障害・運動失調・麻ひ等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師に診断された場合、または所定の手術を受けた場合。

【リビングニーズ特約】
医師の診断をもとに、保険会社に余命6か月以内と判断された場合、ローン残高相当額が保険金として支払われます。
引受保険会社 明治安田生命保険相互会社(幹事)
ご利用になれる方
  • お借入時の年齢が満15歳以上満51歳未満で、最終返済時の年齢が満76歳未満の方
  • 過去に悪性新生物に罹患したことのない方
お借入金利 地銀協一般団信に比べお借入金利が年0.25%高くなります。
お借入金額 1億円以内(横浜銀行および他金融機関からの既存のお借り入れで、「地銀協団信制度」ご加入分を含みます。)
  • 1億円を超える場合は窓口にご相談ください。
    (5,000万円を超える場合は、保険会社所定の「専用診断書」の提出が必要になります(他のお借入分は含みません))

基本の保障

住宅ローン残⾼が0円になります。

死亡または所定の⾼度障害状態

可能

残債⼀括返済保障

住宅ローン残⾼が0円になります。

ガン

可能(注1)(注2)
生まれて初めてがんに罹患したと医師により診断確定された場合

脳卒中

可能(注3)
所定の状態※1が60日以上継続した場合、または所定の手術を受けた場合

急性⼼筋梗塞

可能(注3)
所定の状態※1が60日以上継続した場合、または所定の手術を受けた場合

⾼⾎圧症、糖尿病 、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎

-

保障はありません
上記以外の傷病

-

保障はありません
余命6か⽉以内

可能

医師の診断をもとに保険会社によって判断された場合

⽉額返済⽀援保障

⽉々のローン返済相当額をお⽀払いします。

傷病・疾病による⼊院

-

保障はありません
⾼⾎圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎による就業不能状態※2

-

保障はありません

⼀時⾦保障

⼀時⾦をお⽀払いします。

⼊院

-

保障はありません
奥さまのガン

-

保障はありません

ご遺族・ご家族サポート 【MY⽣活応援ネット】

  • 「MY⽣活応援ネット」は、団体信用生命保険の引受保険会社である明治安⽥⽣命保険相互会社が提供するサービスです。

地銀協一般団信付き住宅ローン、3大疾病保障特約付き住宅ローン、全傷病保障特約付き住宅ローンのいずれかをご利⽤中に、借主ご本⼈さまが万⼀死亡または所定の高度障害状態となった場合、ご遺族さま、ご家族さまがお電話(フリーダイヤル)による相談サービスを3年間無料でご利⽤できます。

ご相談できる内容
  • 24時間 健康・医療相談サービス
    健康に関する不安や⼼配を年中無休・24時間いつでもフリーダイヤルでご相談できます。保健師、看護師等のヘルスアドバイザーと顧問医が責任をもってお答えします。
  • メンタルヘルス相談サービス
    専⾨カウンセラー(臨床⼼理⼠等の資格者)がプライバシー厳守にてカウンセリングを⾏います。⽇本全国どこからでもフリーダイヤルでご相談できます。
  • FP相談サービス
    FP技能⼠、CFP資格取得者が相続・資産管理・将来の⽣活設計などに対する疑問にお答えします。⽇本全国どこからでもフリーダイヤルでご相談できます。
  • 障がい相談サービス
    ⾝体の障がいに関する様々な相談に社会福祉⼠等が無料でお答えします。
  • (注1)
    「上皮内がん」「皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がん」は対象となりません(「上皮内がん」には、子宮頸がん0期、食道上皮内がん、乳房・膀胱・腎盂・尿管などの非浸潤がん、大腸の粘膜内がん等があります)。
  • (注2)
    保障開始日前に所定の悪性新生物(がん)に罹患したと診断確定されていた場合は、保障の対象となりません。
  • (注3)
    保障開始日前に発病した脳卒中および急性心筋こうそくは、保障の対象となりません。
  1. 住宅ローン残高が0円になるなどの保険金、診断給付金や特約保険金のお支払いには制限条件があります。保険金、診断給付金や特約保険金をお支払いできない場合など、お客さまの不利益となる事項や詳しい保険の内容については、「被保険者のしおり」、あるいは「重要事項に関するご説明」に記載の『契約概要』『注意喚起情報』を必ずお読みいただき、保障内容の詳細等をご確認ください。
  2. ※1
    所定の状態とは・・・脳卒中:言語障害、運動失調、麻ひ等の他覚的な神経学的後遺症が継続した場合。
    急性心筋梗塞:労働制限を必要とする状態が継続した場合。
  3. ※2
    就業不能状態とは・・・入院または医師の指示による自宅療養等により、本人の経験・能力に応じたいかなる業務にもまったく従事できない状態。

8⼤疾病保障特約付き団体信用生命保険

8つの疾病保障でリスクを幅広くカバー ダブル⼊院保障&奥さまガン保障付き

基本の保障 死亡、高度障害 残債一括返済保障 がん、脳卒中、急性心筋梗塞、5疾病、余命6か月
月額返済支援保障 入院、5大疾病就業不能 一時金保障 入院10万円、奥様100万円
⾦利の上乗せ 0.30%

詳細を⾒る

全傷病保障特約付き団体信用生命保険(ダブルサポート団体信用生命保険)

幅広いケガ・病気のリスクをカバー

基本の保障 死亡、高度障害 残債一括返済保障 がん、脳卒中、急性心筋梗塞、3大疾病以外の傷病、余命6か月
月額返済支援保障 入院、就業不能 一時金保障 入院10万円 ご遺族・ご家族サポート【MY生活応援ネット】を3年間無料!
⾦利の上乗せ 0.35%
項目 内容
保険金のお支払条件 死亡または所定の高度障害状態に該当した場合(死亡・高度障害に関する保障は、保障開始日から始まります。) …1
特約内容 【残債一括保障】
以下の状態に該当した場合、ローン残高相当額が保険金として支払われます。
〈3大疾病保障〉
(悪性新生物(がん))…2
お借入日(保障開始日)より91日目以降に生まれて初めて悪性新生物(がん)*1に罹患し、医師により診断確定された場合
  • *1
    「上皮内がん」「皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がん」は対象となりません(「上皮内がん」には、子宮頸がん0期、食道上皮内がん、乳房・膀胱・腎盂・尿管などの皮浸潤がん、大腸の粘膜内がん等があります)。
(急性心筋こうそく)…3
お借入日(保障開始日)から3か月を経過した日の翌日以降に所定の急性心筋こうそくを発病し、初診日を含め60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師に診断された場合
(脳卒中)…4
お借入日(保障開始日)から3か月を経過した日の翌日以降に所定の脳卒中を発病し、初診日を含め60日以上、言語障害・運動失調・麻ひ等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師に診断された場合
〈3大疾病以外の傷病保障〉…5
お借入日(保障開始日)から3か月を経過した日の翌日以降に病気やケガにより就業不能となり、その状態が12か月を超えて継続した場合
【月額返済保障】
〈脳卒中・急性心筋こうそく〉…6
お借入日(保障開始日)から3か月を経過した日の翌日以降に脳卒中または急性心筋こうそくにより就業不能となり、ローン返済日を迎えた場合、その月のローン返済額が保険金として最長2か月間支払われます。
〈3大疾病以外の傷病保障〉…7
お借入日(保障開始日)から3か月を経過した日の翌日以降に3大疾病以外の病気やケガにより就業不能となり、ローン返済日を迎えた場合、その月のローン返済額が保険金として最長12か月間支払われます。
【リビングニーズ特約】…8
医師の診断をもとに、保険会社に余命6か月以内と判断された場合、ローン残高相当額が保険金として支払われます。
【入院一時金10万円】…9
ローンお借入日(保障開始日)以降に被った病気やケガにより、お借入日(保障開始日)から3か月を経過した日の翌日以降に入院による就業不能となった場合に、入院一時金10万円が支払われます。
引受保険会社 明治安田生命保険相互会社(幹事)(1、2、8)
損害保険ジャパン株式会社(3、4、5、6、7、9)
ご利用になれる方 お借入時の年齢が満20歳以上51歳未満で、最終返済時の年齢が満82歳未満の方
過去にがんに罹患したことのない方
お借入金利 地銀協一般団信に比べお借入金利が0.35%高くなります。
お借入金額 1億円以内(横浜銀行および他金融機関からの既存のお借り入れで、「地銀協団信制度」ご加入分を含みます。)
  • 1億円を超える場合は窓口にご相談ください。
    (5,000万円を超える場合は、保険会社所定の「専用診断書」の提出が必要になります(他のお借入分は含みません))

基本の保障

住宅ローン残⾼が0円になります。

死亡または所定の⾼度障害

可能

残債一括保障

住宅ローン残⾼が0円になります。

がん

可能(注1)(注2)
生まれて初めてがんに罹患し、医師により診断確定された場合

脳卒中

可能(注3)
所定の状態※1が60日以上継続した場合

急性⼼筋こうそく

可能(注3)
所定の状態※1が60日以上継続した場合

⾼⾎圧症、糖尿病 、慢性腎不全、肝硬変、慢性すい炎

可能(注4)
就業不能状態※2が12か月を超えて継続した場合

上記以外の傷病

可能(注4)
就業不能状態※2が12か月を超えて継続した場合

余命6か⽉以内

可能
医師の診断をもとに保険会社によって判断された場合

月額返済保障

⽉々のローン返済相当額をお⽀払いします。

脳卒中、急性心筋こうそくによる就業不能

可能(注5)
1か月目より最長2か月
就業不能状態※2であれば、入院の有無は問いません。

3大疾病以外の傷病による就業不能

可能(注5)
1か月目より最長12か月
就業不能状態※2であれば、入院の有無は問いません。

⼀時⾦保障

⼀時⾦をお⽀払いします。

⼊院

可能(注6)
1日でも入院した場合、一時金10万円

ご遺族・ご家族サポート 【MY⽣活応援ネット】

「MY⽣活応援ネット」は、団体信用生命保険の引受保険会社である明治安⽥⽣命保険相互会社が提供するサービスです。

地銀協一般団信付き住宅ローン、3大疾病保障特約付き住宅ローン、全傷病保障特約付き住宅ローンのいずれかをご利⽤中に、借主ご本⼈さまが万⼀死亡または所定の高度障害状態となった場合、ご遺族さま、ご家族さまがお電話(フリーダイヤル)による相談サービスを3年間無料でご利⽤できます。

ご相談できる内容
  • 24時間 健康・医療相談サービス
    健康に関する不安や⼼配を年中無休・24時間いつでもフリーダイヤルでご相談できます。保健師、看護師等のヘルスアドバイザーと顧問医が責任をもってお答えします。
  • メンタルヘルス相談サービス
    専⾨カウンセラー(臨床⼼理⼠等の資格者)がプライバシー厳守にてカウンセリングを⾏います。⽇本全国どこからでもフリーダイヤルでご相談できます。
  • FP相談サービス
    FP技能⼠、CFP資格取得者が相続・資産管理・将来の⽣活設計などに対する疑問にお答えします。⽇本全国どこからでもフリーダイヤルでご相談できます。
  • 障がい相談サービス
    ⾝体の障がいに関する様々な相談に社会福祉⼠等が無料でお答えします。
  • (注1)
    「上皮内がん」「皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がん」は対象となりません(「上皮内がん」には、子宮頸がん0期、食道上皮内がん、乳房・膀胱・腎盂・尿管などの非浸潤がん、大腸の粘膜内がん等があります)。
  • (注2)
    保障開始日前に所定の悪性新生物(がん)に罹患したと診断確定されていた場合は、保障の対象となりません。
  • (注3)
    責任開始日※3前に発病した脳卒中および急性心筋こうそくは、保障の対象となりません。
  • (注4)
    責任開始日※3前に生じた就業不能状態※2は、責任開始日以降継続しても保障の対象となりません。ただし、責任開始日より前に発病した病気・発生した事故によるケガであっても、責任開始日からその日を含めて1年を経過した後に就業不能状態が生じた場合は、その就業不能状態に対しては保険金をお支払いします。
  • (注5)
    責任開始日※3前に被った病気またはケガは、保障の対象となりません。
  • (注6)
    責任開始日※3前に被った病気やケガによる入院、および責任開始日前に入院した場合は、保障の対象となりません。
  • 住宅ローン残高が0円になるなどの保険金、診断給付金や特約保険金のお支払いには制限条件があります。保険金、診断給付金や特約保険金をお支払いできない場合など、お客さまの不利益となる事項や詳しい保険の内容については、「被保険者のしおり」、あるいは「重要事項等説明書」に記載の『契約概要』『注意喚起情報』を必ずお読みいただき、保障内容の詳細等をご確認ください。
  • ※1
    所定の状態とは・・・脳卒中:言語障害、運動失調、麻ひ等の他覚的な神経学的後遺症が継続した場合。
    急性心筋梗塞:労働制限を必要とする状態が継続した場合。
  • ※2
    就業不能状態とは・・・入院または医師の指示による自宅療養等により、本人の経験・能力に応じたいかなる業務にもまったく従事できない状態。
  • ※3
    責任開始日とは・・・初年度契約の保険期間の開始日からその日を含めて待機期間を経過した日の翌日をいいます。

SJNK19-80573 2020年4月1日作成

ワイド団信

既往症があっても加⼊できる場合があります

基本の保障 死亡、高度障害 残債一括返済保障 余命6か月
⾦利の上乗せ 0.30%
項目 内容
保険金のお支払条件 死亡または所定の高度障害状態に該当した場合(死亡・高度障害に関する保障は、ローンお借入日から始まります。)
特約内容 【リビングニーズ特約】
医師の診断をもとに保険会社に余命6か月以内と判断された場合、特約保険金が支払われます。
引受保険会社 カーディフ生命保険株式会社
ご利用になれる方 お借入時の年齢が満20歳以上満51歳未満で、最終返済時の年齢が満80歳未満の方
お借入金利 地銀協一般団信に比べお借入金利が年0.3%高くなります。
お借入金額 1億円以内(お借入金額に関わらず、保険会社が必要と判断した場合、保険会社所定の「診断書」の提出が必要になります。)
  • 横浜銀行からの既存のお借り入れで、8大疾病保障特約付き団体信用生命保険、ガン保障特約付き団体信用生命保険、ワイド団信、およびカーディフ一般団信団体信用生命保険のお借入分を含みます。

基本の保障

住宅ローン残⾼が0円になります。

死亡または所定の⾼度障害

可能

残債⼀括返済保障

住宅ローン残⾼が0円になります。

ガン

-

保障はありません
脳卒中

-

保障はありません
急性⼼筋梗塞

-

保障はありません
⾼⾎圧症、糖尿病 、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎

-

保障はありません
上記以外の傷病

-

保障はありません
余命6か⽉以内

可能
医師の診断をもとに保険会社によって判断された場合

⽉額返済⽀援保障

⽉々のローン返済相当額をお⽀払いします。

傷病・疾病による⼊院

-

保障はありません
⾼⾎圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎による就業不能状態※1

-

保障はありません

⼀時⾦保障

⼀時⾦をお⽀払いします。

⼊院

-

保障はありません
奥さまのガン

-

保障はありません
  • 住宅ローン残高が0円になるなどの保険金、診断給付金や特約保険金のお支払いには制限条件があります。保険金、診断給付金や特約保険金をお支払いできない場合など、お客さまの不利益となる事項や詳しい保険の内容については、「被保険者のしおり」、あるいは「重要事項に関するご説明」に記載の『契約概要』『注意喚起情報』を必ずお読みいただき、保障内容の詳細等をご確認ください。
  • ※1
    就業不能状態とは・・・入院または医師の指示による自宅療養等により、本人の経験・能力に応じたいかなる業務にもまったく従事できない状態。

ご利⽤になれる⽅

ご注意事項

ここでの各団体信用生命保険・就業不能信用費用保険に関する説明は、横浜銀行が保険契約者としての立場から住宅ローン利用者の皆さまの便宜のためにおこなっています。いわゆる保険募集のための説明ではありません。

お問い合わせ

電話でのお申し込み・ご相談

住宅ローンのご利⽤を検討されているお客さま

ダイレクト住宅ローンセンター

  • 電話受付時間銀行窓口営業日の午前9時~午後5時

店頭でのお申し込み・ご相談

⽀店併設の住宅ローンセンター

住宅ローンセンター⼀覧

⽀店融資窓⼝

店舗・ATM検索

ご注意事項

ご注意ください!

  • 各団体信用生命保険・就業不能信用費用保険は、横浜銀行の住宅ローンを新規に契約されるお客さまがご利用になれます(お借り入れの途中でのご加入や保障種類の変更はできません)。
    ただし、一部ご利用になれないローンもありますので、詳細については最寄りの住宅ローンセンターにお問い合わせください。
  • 住宅ローンのお申し込みにあたっては、当行所定の審査があります。審査結果によっては、ご希望に添えない場合があります。
  • 横浜銀行の住宅ローンがお借り入れにいたらなかった場合は、団体信用生命保険にご加入できません。
  • お客さまからの告知内容により、保険会社がご加入をお断りする場合があります。
  • 保険会社の診査によっては「追加告知書」などの別途書類が必要になる場合があります。
  • 虚偽告知などの告知義務違反があった場合は、保険金、診断給付金や特約保険金が支払われない場合があります。
  • 団体信用生命保険・就業不能信用費用保険について、保険金、診断給付金や特約保険金が支払われる場合でも、お利息の一部等をご負担になる場合があります。
  • ご加入にあたっては、「被保険者のしおり」、または「重要事項に関するご説明」に記載の『契約概要』『注意喚起情報』等を必ずお読みいただき、保障内容の詳細等をご確認ください。
  • 住宅ローンが完済となるなど、保障の対象となる住宅ローンのご契約者でなくなったときには保障も終了となります。
  • 住宅ローンや団体信用生命保険、就業不能信用費用保険の詳しい内容、金利やローン返済額の試算等の詳細については、最寄りの住宅ローンセンターにお問い合わせください。

このページをシェア

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。