〈はまぎん〉MultiBank-Web 対応ソフト

対応ソフト(〈はまぎん〉MultiBank-Web・〈はまぎん〉パソコンサービス)

1つのソフトで円滑なお取り引きが可能!

対応ソフトはVALUXサービスが利用できます。また、ダイヤルアップ接続(ANSER-SPC・データ伝送)機能を有しているため、お客さまの取引金融機関がVALUXに対応していない場合でも、複数の取引金融機関と1つのソフトで円滑なお取り引きが可能となります。

ID権限設定が可能!

担当者ごとに利用者番号(パスワード)と処理可能な操作の設定が可能です。これらの機能により誰が、いつ、何の処理をおこなったかを一目で把握することができ、不正な操作を防止します。

全銀店舗便覧のダウンロードが可能!

最新の金融機関コード、支店コードをダウンロードでき、金融機関の合併や支店の統廃合による金融機関コード、支店コードの変更にも迅速に対応できます。

専用ヘルプデスクがトータルサポート!

サービスのご案内、ご契約のご相談からお手続方法、操作方法のご案内まで専用ヘルプデスク【EB照会デスク】がしっかりサポートします。

動作環境

(2018年12月25日現在)

対応ソフト EBNext2 DX 〈はまぎん〉マルチウェブ
対応OS Windows10(32bit、64bit)
※タッチやズーム機能には対応していません。なお、インストール時にはインターネット接続が必要となります。
Windows8.1(WindowsRTを除く)(32bit、64bit)
※タッチやズーム機能には対応していません。なお、インストール時にはインターネット接続が必要となります。
Windows7 Service Pack 1以降(Starterを除く)(32bit、64bit)
メモリ Windows10
Windows8.1
Windows7
本体メモリ1GB以上(4GB以上を推奨) 本体メモリ1GB以上(2GB以上を推奨)
ディスプレイ 解像度1024×768以上
ハードディスク 130MB以上の空き容量
  • 圧縮ドライブ(フォルダ)での運用はできません。
  • 上記の他に、OSの入っているドライブに50MB以上の空き容量が必要です。
600MB以上の空き容量
  • 圧縮ドライブ(フォルダ)での運用はできません。
  • 上記の他に、OSの入っているドライブに50MB以上の空き容量が必要です。
CD-ROMドライブ 1基以上必須(インストール時に必要)
通信手順
(VALUX)
※インターネット
データ伝送
サービス
全銀ファイル伝送
アンサー
サービス
ANSER-SPC
ANSER-HT
接続環境 インターネット接続(常時接続を推奨)
  • Windows 7の場合、Service Pack 1以降の適用が必要です。
通信手順
(電話回線、Connecure※)
データ伝送
サービス
全銀TCP/IP、JX(全銀EDIシステム利用の場合)
アンサー
サービス
ANSER-SPC
モデム規格(TA規格) 【一般公衆電話の場合】
ITU-T V.90/V.34/V.32bis/V32に準拠した全二重モデム
【ISDN回線の場合】
64K同期通信が可能なターミナルアダプタ
ご注意点 全銀EDIシステム利用の場合は、Connecureが必要です。

対応ソフト費用

(2019年10月1日現在、税込み)

EBNext2 DX
〈はまぎん〉マルチウェブ
ソフト購入費用
77,000円
33,000円
システム維持料(年額) 13,200円
(〈はまぎん〉パソコンサービスで全銀EDIシステムをご利用の場合は、52,800円になります )
26,400円
製造元
株式会社NTTデータ四国
株式会社オービックビジネスコンサルタント
全銀EDIシステム対応

可能

不可

お問い合わせ

EBサービスについてはこちらへ

EB照会デスク

  • 電話受付時間銀行窓口営業日の午前9時〜午後5時
  • 午後5時〜午後7時はビジネスサポートダイレクトの操作に関するお問い合わせのみとなります。

このページをシェア