従業員のスキル向上への取り組み

横浜銀行 キャリア開発プログラム「BOY CDP」
[Bank of Yokohama Career Development Program]

「BOY CDP」(Bank of Yokohama Career Development Program)とは、横浜銀行の教育研修制度の総称です。

高度化・多様化するお客さまのニーズや金融環境・競争環境の変化に的確に対応するため、キャリアステージに即して計画的に人財を育成しています。

職場内教育(OJT)

入行後、まずは基礎的な業務知識、スキルを偏りなく修得するため、配属先の支店でさまざまな職務を計画的に経験します。
全員が着実に基礎を固め、将来の成長に向けた土台を作るための教育制度となっています。

研修カリキュラム

集合研修プログラムでは、若手行員から役職者まで全ての行員が、自らの成長段階に合わせて学ぶことができるよう、基礎的な講義から専門的な演習まで、職務別に幅広いカリキュラムを設けています。
特に若手行員については、職場内教育(OJT)を補完するため、業務修得に必要な知識やスキルを学ぶことのできる充実した研修カリキュラムを提供しています。
また、職務の幅を広げるため、未経験の職務について教育・研修するためのプログラムを設け、行員の挑戦をサポートしています。

自己啓発支援

自分自身の成長のために努力することを積極的に支援しています。
充実した自己啓発支援制度や資格取得支援制度により、各種資格取得や、業務知識、ビジネスマナー、ヒューマンスキル等の修得など、金融のプロフェッショナルになるための自己啓発をサポートしています。

行内公募制度「海外MBA 留学」・「海外トレーニー」

行員の自己啓発意識を高め、主体的なキャリア形成の機会を提供することを目的として、特定の職務を公募により募集する制度です。
銀行内外で多様な経験を積むための各種トレーニーや海外MBAなど、自ら挑戦する機会を設け、専門性の高い人財の育成に取り組んでいます。

このページをシェア