ダイバーシティ&インクルージョンの取り組み

誰もが自分らしく働き、自身の「ありたい姿」に向かって成長できる環境整備を進めています

横浜銀行は、企業として持続的に成長していくためには、多様な人材の活躍が不可欠であるという考えのもと、積極的にダイバーシティ&インクルージョンの推進に取り組んでいます。
グループ人権方針にもとづき、人種、性別、宗教、性自認、障がいの有無等に関わらず、相互の理解と尊重に努め、多様な人材がモチベーションをもって働くことができる生産性の高い組織づくりを進めています。

Diversity and Inclusion 環境づくり:多様な人材の就業継続に必要な諸制度を整備し、誰もが働きやすい職場環境を確立します 人づくり:1人ひとりが、自身とは異なる「個」を持つ存在に気付き、相手を理解し受容することで対等な関係を築き、誰もが自身の「ありたい姿」に向かって成長できる職場風土を醸成します 新たな価値づくり:多様な人材が共働することで、イノベーションを促進し、今までにない新たな価値を創造します
Diversity and Inclusion 環境づくり:多様な人材の就業継続に必要な諸制度を整備し、誰もが働きやすい職場環境を確立します 人づくり:1人ひとりが、自身とは異なる「個」を持つ存在に気付き、相手を理解し受容することで対等な関係を築き、誰もが自身の「ありたい姿」に向かって成長できる職場風土を醸成します 新たな価値づくり:多様な人材が共働することで、イノベーションを促進し、今までにない新たな価値を創造します

なお、グループ人権方針に基づく取組みとして、従業員向けにアンコンシャスバイアス(無意識の偏見)に関する啓発研修を実施しています。

ワークスタイルの変革

はまぎんスタイル~Be a SMART banker

コアタイムのないフレックスタイム制、時間単位年休、テレワーク勤務制度、営業店内の空きスペース等を活用したサテライトオフィス(はまサテ)を導入するとともに、デジタル化への取組みを強化し、時間や場所に捉われない多様で効率的な働き方を推進しています。

100周年記念事業
従業員向け打合せスペース(本店内リノベーション)

女性の活躍推進

女性活躍推進法に基づく行動計画

男女を問わず、誰もが多様なキャリア、多様な働き方で活躍できる職場風土を目指しています。
2021年4月1日~2023年3月31日を行動計画期間とする行動計画において、掲げる目標は以下の通りです。

目標1 管理役職者に占める女性割合を20%以上
役職者に占める女性割合を35%以上
目標2 有給休暇の取得率を70%以上
女性 管理役職者比率・役職者比率 2016年度:女性管理役職者比率 9.4%/女性役職者比率 28.2% 2017年度:女性管理役職者比率 10.4%/女性役職者比率 30.4% 2018年度:女性管理役職者比率 12.2%/女性役職者比率 32.8% 2019年度:女性管理役職者比率 13.5%/女性役職者比率 35.3% 2020年度:女性管理役職者比率 14.9%/女性役職者比率 36.7%
有給休暇取得率 2016年度:64.6% 2017年度:64.3% 2018年度:63.2% 2019年度:65.3% 2020年度:69.1%

なお、2016年には女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定の3段階目の評価を受け、2018年には内閣府が主催する「女性が輝く先進企業表彰」において「内閣府特命大臣(男女共同参画)表彰」を受賞しました。

女性が輝く先進企業2018 女性が活躍しています!

仕事と家庭の両立支援

育児・介護との両立支援

「育児」と「介護」を二本柱とした啓発活動(eラーニングやオンラインセミナーの実施、介護と仕事の両立ガイドブックの制定 等)を実施しています。
従業員の家族を大切にする気持ちや行動を尊重し、性別を問わず両立支援制度を活用しやすい職場風土の醸成に努めています。なお、2019年7月には、次世代育成支援対策推進法にもとづく「プラチナくるみん」認定を取得しました。

プラチナくるみん 子育てサポートしています
男女別 育児休業取得率の推移(育児休業取得率=年度内育児休業取得者/年度内に子が生まれた人) 2016年度:男性 62.1%/女性 99.2% 2017年度:男性 54.4%/女性 93.7% 2018年度:男性 51.9%/女性 100.6% 2019年度:男性 90.3%/女性 101.4% 2020年度:男性 84.8%/女性 98.5%
2019年度実施 プレパパ・プレママセミナーの様子

はまぎんキッズパーク

2019年10月には、100周年記念事業の一環として、子育て中の行員等の復職支援ならびに就業継続支援等を目的として、企業内託児所「はまぎんキッズパーク」を、YBS南幸ビル(横浜市西区)に開園しました。

はまぎんキッズパーク

LGBTQなど性的少数者への取組み

人権尊重に向けた啓発活動

誰もが働きやすい職場環境の実現を目指し、性的指向や性自認にもとづくハラスメントや差別を禁止とし、全従業員を対象としたeラーニングや、役員向けの勉強会等、啓発活動を実施し、すべての従業員の意識変革に取り組んでいます。

障がい者の活躍推進

はまぎんビジネスチャレンジド

障がい者の自立を支援し、共生社会の実現を通じて地域社会の発展に貢献するため、2019年4月に「株式会社はまぎんビジネスチャレンジド」を開業しました。なお、2020年4月には、「障害者の雇用の促進等に関する法律」に定める特例子会社認定を、2021年5月には特例子会社の関係会社特例認定(特例子会社の範囲に(株)浜銀総合研究所、浜銀ファイナンス(株)、浜銀TT証券(株)を追加)を取得しました。

主な外部評価

2016年 女性活躍推進法にもとづく「えるぼし」認定 3段階目(「えるぼし」における最高ランク)認定
2018年 内閣府主催「女性が輝く先進企業表彰」内閣府特命担当大臣表彰受賞
2019年 次世代育成支援対策推進法にもとづく「プラチナくるみん」認定
かながわサポートケア企業認証
2020年 はまぎんビジネスチャレンジドが、障害者の雇用の促進等に関する法律にもとづく「特例子会社」認定
2021年 はまぎんビジネスチャレンジドが、障害者の雇用の促進等に関する法律にもとづく「関係会社特例認定」取得

このページをシェア