地方創生への取り組み

横浜銀行は、地域金融の担い手として豊かで持続的な地域社会の発展をバックアップするため、地方公共団体が策定した「地方版総合戦略」の実行支援をおこなっています。また、地域ごとに特性を踏まえた将来ビジョンを独自に策定し実現に向けた取り組みをおこなう「はまぎん10年後プロジェクト」を主体的・継続的に推進しています。

地方創生と はまぎん10年後プロジェクト。地方公共团体、【地方人口ビジョン】各地域の人口動向や 将来人口推計の分析や中長期の将来展望を提示、【地方版総合戦略】各地域の人口動向や産業実態等を踏まえ2015-2019年度(5か年)の政策目標・施を策定。 横浜銀行 地域戦略部 関連会社 本部各部 営業店 地方版総合戦略推進への協力 地域における金融機能の高度化。国 【国の長期ビジョン】2060年に1億人程度の人口を確保する中長期展望を提示、【国の総合戦略】2015-2019年度(5か年)の政策目標・施策を策定、人的支援、財政支援。横浜銀行、国が、地方公共団体に協力・支援。

地方創生の取り組みが、国から表彰されました

横浜銀行は、農地内に店舗の設置を認める国家戦略特区制度を関東で初めて活用した「農家レストランいぶき」(藤沢市)の開業にあたって、事業構想段階から参加して特区利用の申請手続きや資金調達についてアドバイスをおこない、2018年5月の同レストラン開業後は競争力向上のための事業性分析を継続しています。この取り組みは2019年3月、「地方創生に資する金融機関等の"特徴的な取組事例"」として選定され、内閣府特命担当大臣(地方創生担当)より表彰を受けました。

地方創生の取り組みが、内閣府 地方創生推進室から表彰されました

地方創生関連ニュース

地方創生関連ニュース一覧

地方創生関連商品・キャンペーン

このページをシェア

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。