地方創生への取り組み

横浜銀行は、地域金融の担い手として豊かで持続的な地域社会の発展をバックアップするため、地方公共団体が策定した「地方版総合戦略」の実行支援をおこなっています。また、地域ごとに特性を踏まえた将来ビジョンを独自に策定し実現に向けた取り組みをおこなう「はまぎん10年後プロジェクト」を主体的・継続的に推進しています。

地方創生と はまぎん10年後プロジェクト。地方公共团体、【地方人口ビジョン】各地域の人口動向や 将来人口推計の分析や中長期の将来展望を提示、【地方版総合戦略】各地域の人口動向や産業実態等を踏まえ2015-2019年度(5か年)の政策目標・施を策定。 横浜銀行 地域戦略部 関連会社 本部各部 営業店 地方版総合戦略推進への協力 地域における金融機能の高度化。国 【国の長期ビジョン】2060年に1億人程度の人口を確保する中長期展望を提示、【国の総合戦略】2015-2019年度(5か年)の政策目標・施策を策定、人的支援、財政支援。横浜銀行、国が、地方公共団体に協力・支援。

デジタル地域通貨を活用し、コロナ禍における地域経済の回復支援をはかりました

横浜銀行は、2020年8月から半年間、新型コロナウイルス感染拡大により事業活動に大きな影響を受けた飲食業や宿泊業などのお取引先を消費の面で支援することを目的に、デジタル地域通貨の実証実験をおこないました。
お取引先の店舗で利用できるデジタル地域通貨を当行の従業員に対して発行し、その際に当行が一定金額の補助をおこなうことで利用促進をはかり、コロナ禍における神奈川県内を中心とした地域経済の回復支援をはかりました。

地域企業の商品開発・販路拡大支援に向けた取り組み

横浜銀行は、地域企業の持続的な成長を通した地域経済の活性化をめざし、株式会社テレビ東京コミュニケーションズ(以下、TXCOM)を営業者とする「新商品開発支援事業匿名組合」へ出資しました。
TXCOMは、キャラクター関連ビジネス(知的財産・IPの活用)、商品開発、販売事業(EC)に関する豊富なノウハウ、メディア連携によるマーケティングなどに強みを有する企業です。

当行の主要営業エリアである神奈川県やその隣接地域には、良質な商品やブランド力をお持ちの地域企業が多数あります。
本事業では、地域企業の商品にあらたな付加価値をつけることによる新規ビジネスの創出をはかり、地域企業の持続的成長のご支援、地域経済の活性化をめざしています。

  1. 1.
    キャラクターを活用したコラボ商品の開発・販売を通した商品競争力の強化、企業・商品の認知度拡大
  2. 2.
    異業種タイアップによる新コンセプト商品の開発・販売を通した商品競争力の強化、企業・商品の認知度拡大
  3. 3.
    コラボ商品・新コンセプト商品のEC販売(ECサイト名:カナコレ)

移住・定住促進に向けた取り組み

(2021年1月28日に開催したセミナーを収録した動画 YouTubeへのリンク)

地方創生関連ニュース

地方創生関連ニュース一覧

地方創生関連商品・キャンペーン

このページをシェア

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。