このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください

印刷する

ホーム > 横浜銀行について > トップメッセージ

ここから本文です

トップメッセージ

代表取締役頭取 川村健一

皆さまには、平素より横浜銀行をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

横浜銀行は、昨年4月に東日本銀行と経営統合し、コンコルディア・フィナンシャルグループの一員として新たな船出を切りました。経営統合後も、横浜銀行は、地域金融機関として「横浜銀行にしか、できないこと」を常に念頭に置き、地域の皆さまへの感謝の気持ちを忘れず、地域の皆さまのお役に立てるよう、これまでと変わらず取り組んでいます。

昨年6月の頭取就任以降、お客さま本位の営業姿勢を第一に考えてさまざまな活動をしてきました。
個人のお客さまに対しては、お客さまの声を直接お聞きしながら、休日営業店舗の設置や金融テクノロジーを活用した新サービスの提供などを順次進めています。
法人のお客さまに対しては、事業内容をしっかりと把握して、創業、成長、再生、承継など企業のライフステージに応じたきめ細かなサービスやソリューションを提供しています。
地元自治体の皆さまとは、それぞれの地域の将来像を見据えて、地域金融機関として何ができるのかを一緒に考えて、街づくりや地域活性化に関するさまざまな取り組みを進めています。

足元での超金融緩和や中長期的に進行する人口減少、さらにはフィンテックの進展など、銀行業界を取り巻く環境はかつてないほど厳しく、めまぐるしく変化しています。
ただ、こういう変化の大きな環境だからこそ、地域金融機関に対するお客さまの期待も大きなものになるのだと思います。
お客さまのニーズを的確に捉え、銀行グループ全体が持つ知見やノウハウを結集しながら、定石や常識にとらわれず、お客さまの期待を超える付加価値の高いサービスやソリューションを提供するという、銀行本来の役割を徹底していきます。

今後とも一層のご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。

2017年7月
代表取締役頭取

川村 健一

サイトマップを閉じる

ページの先頭へ戻る