このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください

印刷する

ホーム > 横浜銀行について > トップメッセージ

ここから本文です

トップメッセージ

代表取締役頭取 大矢恭好

皆さまには、平素より横浜銀行をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。
このたび、代表取締役頭取に就任いたしました大矢恭好でございます。

当行と東日本銀行との経営統合によりコンコルディア・フィナンシャルグループが発足してから、2年が経過しました。この間、日本銀行のいわゆるマイナス金利政策による影響が長期化するとともに、デジタル技術の進展など、社会環境の変化がこれまでにないほどのスピードで進んでいます。

今年度は、こうした経営環境の変化に対応し、より一層地域に密着するとともに、さらなるお客さま本位の取り組みを進めるため、営業エリアを2地区(本店、東京・県外)・5地域(東部、中部、西部、南部、川崎)とする「地域本部体制」を導入しました。
各地区・地域に配置した本部長が、“地域経営者”としての役割を担って、地域ごとに多様化・個別化する課題やニーズをきめ細かく把握、理解し、地域戦略の企画・実行をおこなっていきます。こうした取り組みを継続していくことにより、地域ごとの将来を考える「はまぎん10年後プロジェクト」を深化させていきます。

私は、横浜銀行をご利用くださる多くのお客さまに、「横浜銀行は便利で頼りになる」とおっしゃっていただける存在になりたいと常に考えて仕事をしてきました。グローバル化の加速や、デジタル技術の急速な進展などを踏まえて、スピード感を持って諸課題に対応し、変わり続けなければいけないと考えています。一方で、地域金融機関として、これまで貫いてきた地域本位・お客さま本位の姿勢を守り続ける所存です。

2020年、横浜銀行は創立100周年を迎えます。これからも、横浜銀行の新しい取り組みをお見せできるよう、お客さまのお役に立つ金融グループをめざしてまいります。

今後とも一層のご愛顧を賜りますよう、お願い申しあげます。

2018年6月
株式会社横浜銀行 代表取締役頭取

大矢 恭好
おすすめの検索キーワード

サイトマップを閉じる

ページの先頭へ戻る