• 動画
  • クイズ
  • シミュレーション
  • コラボコンテンツ
  • 私たちの想い
  • 授業実践ナビ

私たちの想い

はまペン

今、私たちが生きている現代は経済社会です。
生きていくためはもちろん、何かをするため、夢や目標をかなえるためにも“おかね”は必要です。
一方で、これまで学校教育で取り上げられることは少なかったため、“おかね”について学ぶ機会のあまりないまま大人になった親御さんや教員の方が多いのが実態だと思います。
また、“おかね”の話をすることは、なんとなく「はしたない、苦手、タブー」といった風潮もあったのではないでしょうか?
日本でもキャッシュレス化が進行し、“おかね”が見えにくくなる中で、おかねに対する考え方や価値観、金銭感覚や道徳観など、こどもたちへの影響が懸念されるほか、成年年齢引き下げに伴う契約関係の教育の重要性や、人生100年時代に向けて、高齢化社会における資産形成・管理の重要性の高まりなど、金融教育の必要性が高まってきています。
学校教育においても、2020年度から段階的にスタートした新しい学習指導要領では、小学生から高校生まで金融教育に関する項目がきちんと入るようになりました。
金融教育は、単なる“おかね”に関する知識の勉強だけではなく、“おかね”という切り口を通じて社会や経済の仕組み、働くことの意味、人生の生き方など、生きていくうえで必要な力を育むための教育といえます。

横浜銀行では、世界の共通課題であるSDGsに対して積極的に取り組む中、地域とともに生きる地域金融機関として、金融教育への取り組みを重要な責務と考えています。
“おかね”を本業として扱う銀行だからこそ、“おかね”の考え方や付き合い方から、資産管理、貯蓄・運用、さらには働く意義、金融トラブル防止など、“おかね”に関するさまざまな事柄を取り上げ、こどもから大人まで、すべての人を対象に、長期的に金融教育に取り組んでまいります。

はまペン 「はまぎん おかねの教室」ウェブサイトは、教育のオンライン化に対応すべく、オンライン動画などの、こどもやご家族が楽しく学べるコンテンツを取り揃えてスタートしました。
また、指導案やワークシートが付いた、学校や地域コミュニティなどの教育現場ですぐに活用いただける教材を提供しています。
コンテンツは今後も随時充実させていきます。

地域に生きるすべての人々の生きる力を育む地域に生きるすべての人々の生きる力を育む

横浜銀行の金融教育への取り組み

はまペン

横浜銀行は、地域とともに生きる地域金融機関として、金融教育への取り組みを重要な責務と考えています。“おかね”を本業として扱う銀行だからこそ、“おかね”の考え方や付き合い方から、資産管理、貯蓄・運用、さらには働く意義、金融トラブル防止など、“おかね”に関するさまざまな事柄を取り上げ、こどものみならず大人まで、すべてのひとを対象に、長期的に金融教育に取り組んでまいります。

職場体験の受け入れ、出張授業

職場体験の受け入れ、出張授業

各支店で、地元の小・中学校、高等学校の「職場体験」を受け入れているほか、出張授業により、金融の仕組みや銀行の役割等について学ぶ機会を提供しています。

エコノミクス甲子園神奈川大会

エコノミクス甲子園神奈川大会

高校生向けに、全国高校生金融経済クイズ選手権「エコノミクス甲子園神奈川大会」を毎年開催し、金融経済を楽しみながら学ぶ機会を提供しています。

子どもアドベンチャー

子どもアドベンチャー

横浜市教育委員会が主催する、横浜市内の小・中学生等を対象に夏休み期間中に実施の体験学習イベント。ワークショップ等を通じて、“おかね”の大切さについてやさしく学んでもらっています。

県立高校生学習活動コンソーシアム

県立高校生学習活動コンソーシアム

神奈川県の教育委員会が設置した、県立高校と大学等の教育機関及び企業、研究機関との連携しし、生徒の主体的な学びへとつながる様々な教育機会の提供、神奈川の教育や産業の発展に寄与することを目的とした協議会。当行は、同委員会のシチズンシップ教育プロジェクトに民間企業で唯一参加、県立高校の先生方に使用してもらえる教材を、共同開発しました。