このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください

印刷する

ホーム > 金融に関わる法・制度

ここから本文です

金融に関わる法・制度

お客さまの確認に関するお願い

横浜銀行では、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」にもとづき、お客さまの確認(取引時確認)をさせていただいております。なお、国際協力の観点から、「外国為替及び外国貿易法」においても同様の措置が講じられております。ご理解のうえ、ご協力くださいますようお願い申しあげます。詳細は「お客さまの確認に関するお願い」をご覧ください。

お客さまの確認に関するお願い

マイナンバーの提示のお願い

平成28年1月より「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」にもとづき、マイナンバー制度がはじまりました。
今後、横浜銀行では税分野での行政手続き(法定調書や非課税貯蓄申告書などへの記載等)のため、一部のお客さまにマイナンバーの提示をお願いいたします。詳細は「マイナンバーの提示のお願い」をご覧ください。

マイナンバーの提示のお願い

利益相反管理方針

横浜銀行は、株式会社コンコルディア・フィナンシャルグループおよび同社連結対象子会社・持分法適用関連会社(以下「当社グループ」といいます。)とお客さまの間、ならびに、当社グループのお客さま相互間における利益相反のおそれのある取引を適切に管理するため、利益相反管理方針を定めています。詳しくは、利益相反管理方針のページをご覧ください。

利益相反管理方針

反社会的勢力との関係遮断に向けた取り組みの強化について
~普通預金取引等のお申込手続きのお願い~

横浜銀行は、政府が定めた「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」(平成19年6月19日犯罪対策閣僚会議幹事会申合せ)を踏まえ、各種預金規定や、その他取引規定等に暴力団をはじめとした反社会的勢力を排除する旨の条項を導入しています。
本条項は、預金者等が反社会的勢力であることが判明した場合等に、当行の判断により取引の停止または解約をすることができることを定めており、すでにお取引をいただいているお客さまにも適用されます。
また、反社会的勢力との関係遮断に向けた取り組みを一層強化するために、普通預金等の各種預金、公共債、投資信託、貸金庫等の新規申込の際に、お客さまが反社会的勢力ではないこと等についての表明および確約をお願いしています。
横浜銀行は、銀行のもつ公共的使命および社会的責任の重みを常に認識し、反社会的勢力との一切の関係遮断に組織全体で取り組んでおりますので、お客さまのご理解とご協力をお願いします。

【ご参考】反社会的勢力との取引拒絶に関する預金取引追加規定(76KB)

口座開設時等におけるお客さまへのお願い

平成27年度税制改正(平成29年1月1日施行)により、「租税条約等の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律」が改正され、平成29年1月より、新たに国内の金融機関に口座開設等をおこなう場合は、当該金融機関等へ居住地国名等を記載した届出書のご提出が必要となります。詳しくは、「口座開設時等におけるお客さまへのお願い」をご覧ください。

口座開設時等におけるお客さまへのお願い

インターネットバンキング

〈はまぎん〉マイダイレクト ログイン

  • 新規申込
  • マイダイレクトのご利用・ご案内

店舗・ATMのご案内

  • 利率一覧
  • 手数料一覧
  • 外国為替
  • マーケット情報
  • マネー・シミュレーション
  • お問い合わせ
  • 資料請求・郵送申込
  • 各種お手続き(紛失手続き、住所変更など)
  • セミナー開催情報(個人のお客さま)
  • キャンペーン一覧

金融犯罪にご注意ください 詳細はこちらへ

サイトマップを閉じる

ページの先頭へ戻る