このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください

印刷する

ホーム > 金融犯罪にご注意ください > インターネットでおこなわれる犯罪

ここから本文です

インターネットでおこなわれる犯罪

スパイウェア・フィッシング詐欺といったインターネットを利用した金融犯罪についてご紹介します。

ファイル交換・共有ソフトのご利用にご注意ください

最近、各地の金融機関において、ファイル交換・共有ソフトを使用しているお客さまが、パスワードなどをテキストファイル・ワード・エクセルなどに記載してパソコンに保存していたため、パスワードなどが不正に盗まれ、お客さまの口座から身に覚えのない振込出金がされるという事件が発生しています。

ファイル交換・共有ソフトとは?
インターネットを介して不特定多数のパソコンの間でファイルを共有するソフトで、Winny(ウィニー)やLimeWire(ライムワイヤー)といったソフトが代表的です。
また、ファイル交換・共有ソフトは、ウィルスではないため、ウィルス対策ソフトでは検知できません。

ご注意いただきたいポイント

ファイル交換・共有ソフトを利用されているパソコンでは、インターネットバンキングをご利用にならないでください。

パスワード・暗証番号をテキスト・ワード・エクセルファイルなどに記載してパソコンに保存することは絶対にしないでください。

インターネットバンキングを利用されているパソコンからはファイル交換・共有ソフトの削除をお勧めします。

ソフトの削除とともに速やかにパスワードを変更してください。

ページの先頭に戻る

インターネットカフェなどのご利用にご注意ください

インターネットカフェなど、ご自身が所有・管理するパソコン以外から利用される場合、パソコンにパスワードを盗み見るソフトが仕掛けられ、パスワードが漏洩する危険があります。

ご注意いただきたいポイント

インターネットカフェ等、不特定多数が利用するパソコンではインターネットバンキングを利用しないでください。

お客さまご自身が所有、管理するパソコン以外からやむを得ず操作する場合は、ソフトウェアキーボードを必ずご利用されるともに、事後、お客さまが所有・管理するパソコンから速やかにパスワードを変更してください。

ソフトウェアキーボードについて


ページの先頭に戻る

スパイウェアにご注意ください

最近、各地の金融機関において、スパイウェアと呼ばれるソフトなどにより、お客さまのパソコンからパスワードなどが不正に盗まれ、お客さまの口座から身に覚えのない振込出金がされるという事件が発生しています。


スパイウェアとは?
他人のコンピュータに入り込んで、そのユーザーの個人情報やパスワードなどを利用者が気付かないうちに収集して、その結果をインターネット経由で送信してしまう不正なソフト。以下の手口でパソコンに侵入する場合があります。


Eメールの添付ファイルの開封時
フリーソフトをダウンロード時
ファイル交換ソフト利用時
不審なサイト接続時

他の金融機関で実際おこなわれた犯罪手口

感染経路はEメールに添付されているファイル。
Eメールに添付されたファイルを解凍・実行すると、インターネットバンキング等にアクセスした際にパスワード・暗証番号等を特定のアドレス(第三者)に自動的に送信するスパイウェアが作成されてしまう。

ご注意ください

この事象で発見されたスパイウェア(TSPY_BANCOS.ANM)では、「system.exe」というファイルが作成され、パソコンのCドライブ真下に「system.exe」あるいは「system」というファイルがある場合はスパイウェアである可能性があるのでご注意ください。

ご注意いただきたいポイント

ウィルス対策ソフトやファイアウォールを必ずご利用ください。

ウィルス対策ソフト、オペレーションシステム(OS)は常に最新版にアップデートしてください。ウィルス対策ソフトは、100%安全が保証されるものではありませんが、新種のウィルス登場から数時間から数日で対策プログラムが公表される場合が一般的であり、最新版へ定期的にアップデートすることでウィルスが侵入するリスクが軽減されます。

心あたりのないEメールに添付されているファイルを開封したり、不審なサイトにアクセスしないでください

ページの先頭に戻る

ソフトの設定・ダウンロードにご注意ください

不審なサイトから不審なソフトをダウンロードする場合、ウィルスに感染する危険があります。また、無線LANなどのセキュリティ機能の設定ミスなどでもパスワードなどが漏洩する危険があります。

ご注意いただきたいポイント

不審なサイトにアクセスしたり、不審なサイトからソフトをダウンロードしないでください。

セキュリティ機能の設定を必ずおこなってください。

パソコンに搭載しているOS(Windows、MacOSなど)やブラウザ(Internet Explorerなど)は、公式サイトを通じて提供されるセキュリティ面が強化された最新の修正プログラムをご利用ください。
無線LANをご利用の方は、セキュリティ機能の設定を必ずおこなってください。

心あたりのないEメールに添付されているファイルを開封したり、不審なサイトにアクセスしないでください

ページの先頭に戻る

フィッシングなどのEメール詐欺にご注意ください

心あたりのないEメールに添付されているファイルを開封したり、心あたりのないEメールに記載されているURLにアクセスしたりするとウィルスに感染する危険があります。また、虚偽のEメールを使用するフィッシング(phishing)詐欺によりパスワードなどが漏洩する危険があります。

フィッシング(phishing)詐欺とは?
金融機関やオンラインショッピング事業者などを装い、偽りの情報を記載したEメールを送りつけ、本物と酷似したWebサイト(フィッシングサイト)へ誘導し、氏名、住所、銀行口座番号や、クレジットカード番号、パスワードなどを入力させ、不正に個人情報を入手しようとする行為

ご注意いただきたいポイント

Eメール詐欺にご注意ください。

心あたりのないEメールに添付されているファイルを開封したり、心あたりのないEメールに記載されているサイトにアクセスしないでください。ウィルスに感染する可能性がありますので開封せずEメールごと削除することをお勧めします。
Eメール経由でサイトにアクセスした場合、個人情報やパスワードなどの入力を求められても絶対に入力しないでください。横浜銀行では、Eメール経由でサイトに誘導して個人情報やパスワードなどを入力させることは絶対にありません。
横浜銀行から送信するEメールアドレス dbc@boy.co.jp、oshirase@boy.co.jp、bsd@boy.co.jp

アドレスバーのURLを必ずご確認ください。

横浜銀行のホームページ閲覧の際は、アドレスバーのURLを必ずご確認ください。
参考)横浜銀行のホームページ:http://www.boy.co.jp/

正当な画面へアクセスしているか確認してください。

横浜銀行インターネットバンキングをご利用時の契約番号・パスワードなどのご入力の際、以下の方法で正当な画面へアクセスしているか確認してください。

インターネットバンキングへのアクセス方法

フィッシング詐欺対策
フィッシング詐欺を防止するため、EMCジャパン株式会社が提供する「RSA FraudAction(アールエスエー・フロードアクション)」を導入しています。
「RSA FraudAction」の導入により、横浜銀行を装った偽サイト(フィッシングサイト)を発見した場合、世界各国のインターネットサービスプロバイダと協力して、短時間での偽サイト閉鎖に努めます。


「RSA FraudAction」

ページの先頭に戻る

銀行を偽装して郵送される「CD-ROM」にご注意ください

銀行を偽装して郵送される「CD-ROM」にご注意ください

各地の金融機関において、「法人向けインターネットバンキング」ご利用のお客さまを対象として当該金融機関を偽装した「CD-ROM」が送付され、そのお客さまが その「CD-ROM」をパソコンにインストールしたところ、ウィルス(スパイウェア)に感染して、パスワードなどが盗み取られて、お客さまの口座から身に 覚えのない振込出金がされるという事件が発生しています。

ご注意いただきたいポイント

「CD-ROM」でソフトウェアをお送りすることはありません。

横浜銀行では、「〈はまぎん〉マイダイレクト」「〈はまぎん〉ビジネスサポートダイレクト」をご利用のお客さまに、「CD-ROM」でソフトウェアをお送りすることは一切おこなっておりません。万一、当行名で「CD-ROM」が送付された場合は、絶対にパソコンに挿入することのないようご注意ください。
その他不審な「CD-ROM」をパソコンに挿入することのないようご注意ください。

スパイウェアなどのウィルスへの対策と最新版へのアップデートを必ずおこなってください。

インターネットバンキング

〈はまぎん〉マイダイレクト ログイン

  • 新規申込
  • マイダイレクトのご利用・ご案内

店舗・ATMのご案内

  • 利率一覧
  • 手数料一覧
  • 外国為替
  • マーケット情報
  • マネー・シミュレーション
  • お問い合わせ
  • 資料請求・郵送申込
  • 各種お手続き(紛失手続き、住所変更など)
  • セミナー開催情報(個人のお客さま)
  • キャンペーン一覧

金融犯罪にご注意ください 詳細はこちらへ

サイトマップを閉じる

ページの先頭へ戻る