このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください

印刷する

ホーム > かりる > 住宅ローン > 住宅ローンをご利用中のお客さま限定!! > 繰り上げ返済のお手続き・手数料

ここから本文です

繰り上げ返済のお手続き・手数料

繰り上げ返済

毎月のご返済とは別に、お借入残高の一部または全額を前倒しでご返済することです。ご返済は元金部分に充てられますので、その分にかかる将来支払うべき利息を減らすことができます。一部繰り上げ返済には、(1)期間短縮方式と(2)期間据置方式の2つの方式があります。その他の方式(増額返済部分のみの繰り上げ返済など)については、店頭にて承ります。

(1)期間短縮方式
繰り上げ返済した金額に応じて、ご返済期間が短縮されます(ご返済額は変更されません)。
(2)期間据置方式
繰り上げ返済した金額に応じて、ご返済額が軽減されます(ご返済期間は変更されません)。

インターネットでお手続きする場合

「一部繰り上げ返済」のお手続きについては、インターネットバンキングでお申し込みが可能です(一部対象外の商品があります)。詳細や注意事項はこちらをご覧ください。

窓口でお手続きする場合のQ&A

繰り上げ返済をするにはどこで手続きすればいいの?
繰り上げ返済のお手続きは、原則としてお取引店の融資窓口で承ります。なお、お取引店によっては、現在、ご融資の取り扱いをしていない支店もありますので、事前にお取引店にお問い合わせください。

「繰り上げ返済」については、住宅ローンセンターではお申し込みできません。

繰り上げ返済には何が必要?
ご返済口座のお通帳およびお届け印、ご返済予定表をお持ちください(一部繰り上げ返済の場合は、ご実印もお持ちください)。
借主ご本人さまの繰り上げ返済申込書等へのご署名・ご捺印が必要となります。
なお、繰り上げ返済に充当されるご資金および繰り上げ返済手数料は、繰り上げ返済日(一部繰り上げ返済の場合は約定返済日)の前日までに、ご返済指定口座にご入金ください。

1回の返済金額に制限はあるの?
繰り上げ返済金額に下限はありません。また単位にも制限はありません。

繰り上げ返済はいつできるの?
一部繰り上げ返済は、約定返済日付けで承ります。
全額繰り上げ返済については、平日窓口営業日のいつでも可能です。
詳細について、お取引店の融資窓口にお問い合わせのうえ、繰り上げ返済日(一部繰り上げ返済の場合は約定返済日)の1週間前までにお申し込みください。
(全額繰り上げ返済の場合で、全額繰り上げ返済日当日に抵当権の抹消書類一式の受領を希望される場合には、全額繰り上げ返済日の2週間前までにお申し込みください。)

繰り上げ返済手数料はどのくらい?
繰り上げ返済時点の金利種類などにより、下表のとおりとなります。

全額繰り上げ返済手数料

※金額はすべて税込みです。

金利種類 全額繰上返済
変動金利型 32,400円
固定金利指定型
固定金利型
超長期固定金利型
43,200円
(うち、10,800円は横浜信用保証㈱の事務取扱手数料)

一部繰り上げ返済手数料

※金額はすべて税込みです。

金利種類 一部繰上返済
変動金利型 32,400円
固定金利指定型
固定金利型
超長期固定金利型
43,200円
(うち、10,800円は横浜信用保証㈱の事務取扱手数料)

詳細については、以下のダイレクト住宅ローンセンターにお問い合わせください。

【インターネットバンキングでお手続きする場合はこちらをご覧ください】

「繰り上げ返済」については、住宅ローンセンターではお申し込みできません。

住宅ローンのご利用を検討されているお客さま

ダイレクト住宅ローンセンター
0120-54-4580

【電話受付時間】
銀行窓口営業日の午前9時~午後5時

横浜銀行の住宅ローンをご利用中のお客さま

ダイレクト住宅ローンセンター
0120-61-4580

【電話受付時間】
銀行窓口営業日の午前9時~午後5時

支店併設の住宅ローンセンター

住宅ローンセンター一覧

支店融資窓口

店舗・ATM検索

 

お借り入れの対象となる物件の所在地は、原則として神奈川県全域および東京都の一部および群馬県の一部としています。

東京都内でお借り入れの対象となる物件の所在地(57KB)

詳細については、ダイレクト住宅ローンセンター(0120-54-4580)にお問い合わせください。

おすすめの検索キーワード

サイトマップを閉じる

ページの先頭へ戻る