このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください

ホーム > 普通預金だけなんてもったいない > 不安になったら駆け込もう!窓口に行かないなんてもったいない

ここから本文です

コラム 不安になったら駆け込もう!窓口に行かないなんてもったいない

お金をふやそうとすると、不安になる瞬間がくる

お金をふやそうと運用をしていると、市場環境等の変化があって不安になるときがあります。

  • インターネットバンキングを利用して運用していると、相談する相手がいないから不安になるときがある
  • 何てったって虎の子の退職金だからさ。このまま普通預金に預けっぱなしでよいのか時々悩むよ
  • 米国の大統領選挙や英国のEU離脱といった海外の大きなニュースを聞くと、自分の運用がこのままでよいか心配で…
  • マイナス金利、ブレグジット……。経済に関係ありそうな新しい単語を聞くたびに困惑する
  • 円高になったり円安になったり、その時々でどうすればよいか悩む

不安になったら、すぐに窓口へ 窓口に来店されると、今の市場環境や今後の対策などについて、専門のアドバイザーがわかりやすくアドバイスをします。

良きアドバイザーがいれば、運用を長く続けられるのではないでしょうか?長く続ければ、収益の増大も期待できます! 確かに、相談できる人がいれば運用を長く続けられるかもね

インターネットと窓口を上手に使い分ける

運用損益の確認や相場の急変動時の売買は「インターネットバンキング」、不安があったときや商品の売買の相談は「窓口」を活用するといった使いわけがおすすめです。

運用実績の確認や相場急変動時の売買は「インターネットバンキング」

不安なとき、相談したいときは「窓口」へ

インターネットの利点と窓口の利点を最大限に活かすということだね!

いつでも気軽に相談できる窓口を活用しないなんてもったいない!

老後不安、万一の場合の不安も解消します

銀行には、さまざまな商品とノウハウがあります。老後に備えたい、そんなニーズ一つでも「保険」「預金」「投資」などあらゆる角度で考えます。『保険』という商品ひとつとってもさまざまな保険会社のさまざまな商品がありますが、窓口に来ていただければ、その中からお客さまにとって最適なものを提案します。

お金をふやすためのヒントがつまった特集ページです

本ページ掲載の情報は2018年10月23日時点のものであり、将来の市場環境等や運用成果等を示唆・保証するものではありません。