このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください

ホーム > 普通預金だけなんてもったいない > 「ふやしたお金に税金がかからない」おトクな制度

ここから本文です

特集6 「ふやしたお金に税金がかからない」おトクな制度

将来に備えて、預金以外の方法でお金をふやす

預金金利がほぼゼロな今の日本。将来に備えて投資信託の活用など預金以外の方法でお金をふやそうと考える人がふえています。

老後のためには、夫婦二人で数千万円必要だと聞いたことあるし、やっぱり投資信託などの活用を考えるべきかなぁ……。 投資信託の税金に関するおトクな制度があるの知ってる?

NISA(ニーサ)って聞いたことありますか?

NISAは、正式名を「少額投資非課税制度」という、非課税で投資できる制度として、2014年にはじまりました。 国がより多くの人に投資をしてもらうためにはじめた、とてもおトクな制度です。

NISAのポイント

年間120万円までの投資について、利益が5年間非課税になる!

投資による利益には本来、20%※の税金がかかりますが、NISA口座では利益を全額非課税で受け取れます。 たとえば、10万円の利益が出た場合、もらえるのは…… 課税されると 手取り7万9,685円 非課税なら 10万円すべて受け取れる!

※復興特別所得税を加えると20.315%

こんなに差が出るのか…… さらに、非課税なので確定申告も必要ありません。

NISAの概要や制度の詳細についてはこちら

こんなにおトクな制度なら、今すぐはじめないともったいない!

NISAで投資信託をはじめるなら、何がいいの?

お金をふやすためのヒントがつまった特集ページです

本ページ掲載の情報は2019年10月23日時点のものであり、将来の市場環境等や運用成果等を示唆・保証するものではありません。