世界最大級ファンドはどんな資産運用をしている?

ウェルスナビ株式会社
作成日:2020年4月17日

まとめ

  • 世界最大級ファンドであるノルウェー政府年金基金は「長期・積立・分散」の資産運用をしている
  • 相場が急落した年のリターンはマイナスだが、約20年の長期では資産が3倍に
  • 株価が大きく動くときも方針を変えず、長期でリターンの最大化をめざしている

世界的にスタンダードな資産運用とはどんなものでしょうか?今回のコラムでは、世界最大級のファンドがどんな運用をしているのかについて、詳しくご紹介します。

例に挙げるのは、運用する資産が100兆円以上と世界最大級の「ノルウェー政府年金基金」。約500人の資産運用の専門家が運営に携わっています。

ノルウェー政府年金基金は、国民の将来の生活を支える大切な政府財源として、リスクを抑えながら、じっくりと資産を育てることを目標にしています。北海油田から得られる石油や天然ガスの収入を元手に、1998年から20年以上、運用を続けてきました。

いったいどのような運用をしているのでしょうか。

世界最大級ファンドの資産運用とは?

ノルウェー政府年金基金がおこなっているのは、「長期・積立・分散」の資産運用です。

原油収入を定期的に積み立て、投資対象を世界中に分散しながら、長期的な視点で運用しています。ポートフォリオ(資産の組み合わせ)を見ると、世界中の株式や債券、不動産に幅広く、約74カ国9,202銘柄に分散投資していることがわかります。

世界最大級ファンドは「長期・積立・分散」

ノルウェー政府年金基金(約124.7兆円) 株式:71% 債券:26% 不動産:3% 74ヵ国9,202銘柄に分散
ノルウェー政府年金基金のポートフォリオ(2019年12月末現在)

こうして分散投資をしながら、短期的なマイナスのリターンを受け入れつつ、長期的なリターンの最大化をめざしていると言えるでしょう。

ポートフォリオは、相場の動きに合わせて頻繁に変更されることはありません。相場が急落したとしても、資産の大部分を売って現金化するといったことはなく、あらかじめ決められた方針に従い淡々と運用を続けます。

WealthNavi(ウェルスナビ)がおこなっているのも、「長期・積立・分散」の資産運用です。ポートフォリオは、世界最大級のファンドであるノルウェー政府年金基金と似ています。

WealthNaviも「長期・積立・分散」

WealthNavi 米国株:36% 日欧株:21% 新興国株:7% 米国債券:27% 金:5% 不動産:5% 約50ヵ国12,000銘柄に分散
WealthNaviのポートフォリオ(リスク許容度3、2022年3月現在)。
配分比率は小数第1位を四捨五入しているため、合計は必ずしも100%になりません。

ノルウェー政府年金基金が株式、債券、不動産に投資しているのに対し、WealthNaviは株式、債券、金、不動産など約50カ国1万1,000銘柄の資産に投資しています。

長期的なリターンの最大化をめざす

500人もの資産運用のプロが運用しているノルウェー政府年金基金のパフォーマンスは、つねにプラスなのだろうと思う人もいるかもしれません。1年ごとのリターンを見てみましょう。

運用をスタートした1998年から2019年までの22年のうち、5年はマイナスのリターンになっています。世界的な株価急落があった2020年の1~3月も、リターンはマイナスでした。プロであってもリターンがつねにプラスというわけではないのです。

プラスの年だけでなくマイナスの年もあった

短期で見るとマイナスのときもある
ノルウェー政府年金基金の1年ごとのリターン

続いて、1年ごとのリターンではなく、長期のリターンを見てみましょう。1998年から2020年3月までの累積パフォーマンスは、約3倍(平均すると年5.3%)」と大きなプラスになりました。リーマン・ショックが起こった2008年には大きく資産を減らしていますが、長期で見ると、その影響は限定的だったことがわかります。

短期のマイナスを乗り越え、約20年で約3倍に成長

長期で見ると大きなプラスに 約3倍に増加
ノルウェー政府年金基金の運用パフォーマンス(累積)

世界最大級のファンドであるノルウェー政府年金基金は、相場が急落したときにも、方針を変えて「長期・積立・分散」の資産運用をやめてしまったりはしません。
あらかじめ決めた方針に従い、淡々と資産運用を続けていきます。

個人で「長期・積立・分散」の資産運用をしている場合、リターンがマイナスになると、「このまま続けていていいのか」と不安に感じるかもしれません。相場が急落すると、特にそう感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし、「長期・積立・分散」の資産運用は、すべての年でリターンがプラスになるものではありません。10年、20年という運用期間トータルで大きなプラスのリターンを狙います。

景気の一時的な悪化などによる短期的なマイナスのリターンに一喜一憂せず、10年、20年と長い目で資産運用をすることが大切です。

次へ:相場下落時こそ積立を ~下落時の「積立」なら、回復するだけでプラスに~

ロボアドバイザーWealthNavi for 横浜銀行の詳細はこちら

このページをシェア