iDeCo、NISA、つみたてNISAのおすすめ併用方法と選び方

本ページは、「かじ社会保険労務士事務所」監修による記事コンテンツです。

監修:かじ社会保険労務士事務所
作成日:2020年11月13日

老後、年金がもらえるか、生活に困らないか心配になり、iDeCo(イデコ)やNISA(ニーサ)、つみたてNISAの運用を検討している方も多いのではないでしょうか。iDeCoには所得税や住民税など減税の効果があり、NISAには、運用益や譲渡益など投資で得た利益が非課税になるなど、どちらも投資した資金を効率よく運用できるというメリットがあります。とはいえ、iDeCoやNISA、つみたてNISAにはリスクがあります。この記事では、iDeCo、NISA、つみたてNISAの違いや選び方、複数のシステムを併用する方法についてわかりやすくご紹介します。

iDeCo、NISA、つみたてNISAの違いを比較

投資で税制優遇制度を利用したいけれど「iDeCo」「NISA」「つみたてNISA」の違いがわからず、どれを選べばよいかと迷う方も多いでしょう。ここでは、制度の違いに悩んでいる方に向けて、3つの税制優遇制度の概要と各制度の特徴をご紹介します。

iDeCoは節税しながら老後に備える

iDeCoとは、老後資金確保のための私的年金制度の1つです。公的年金に上乗せできるので、老後に向けてお金を準備したい方に向いています。iDeCoの最大のメリットは、すべての掛金が所得控除の対象になるため、毎月の掛金に応じて所得税と住民税が節税できることです。他にも、運用で得た利益がすべて非課税になる、定期預金などの元本確保型商品も利用できる、NISAやつみたてNISAと併用できるなどのうれしいメリットがあります。

一方、iDeCoは、60歳以上で加入期間が10年以上ないと引き出すことができません。例外はありますが、払い出しに制限があるので注意しましょう。また、対象商品の種類の限定や、職業や加入している年金制度によって掛金の上限が異なるため、サラリーマンなど厚生年金保険の被保険者の場合には、つみたてNISAよりも掛金の上限が低くなります。途中引き出しができないため、しっかりと老後に向けて貯蓄することができるでしょう。

NISAは投資先が多いのが魅力

NISAとは、さまざまな商品に投資した利益を非課税にできる制度です。投資するタイミングを自分で決めたい方や年間40万円以上投資したい方に向いています。国内株式や投資信託、外国株式など、投資できる商品が多く、非課税期間は最長5年間で、年間120万円の投資ができます。1年分の投資上限金額を1回で投資することも可能です。自動引き落としを利用すれば、つみたてNISAのようにも使え、保有期間中に換金できるのもメリットの一つでしょう。

一方、トータルの最大投資金額は「つみたてNISA」より少なくなります。NISAは年間120万円を5年間投資できますが、つみたてNISAは年間40万円を20年間投資することができます。
ただし、NISAは非課税期間が5年間と短いものの、年間で利用できる投資上限金額は3つの制度の中で最も高くなります。また、2023年にNISAの新規投資の受付は終了し、2024年からは新NISAがスタートします。5年間の非課税期間は変わりませんが、新制度では投資方法が2階建て構造となるので注意しましょう。

つみたてNISAは厳選された商品の中でコツコツ投資におすすめ

つみたてNISAとは、”自動積立機能”を利用してコツコツ投資できる制度です。2018年から2037年までつみたてNISA口座を開設することができます。NISAと同じく投資で得た利益が非課税になります。年間40万円以内の投資でコツコツお金をふやしたいけれど、お金をふやすことを考える時間を節約したい方に向いています。最大のメリットは、対象商品が金融庁の基準を満たした長期投資信託向けの投資信託に限定されている点です。また、購入時手数料が無料、最長20年間の非課税期間、積立途中でも換金可能などのメリットがあります。前述のとおり、1年間で利用できる投資上限金額は40万円で、20年間なら最大800万円の投資をすることができる点も、うれしいメリットです。

対象商品と投資方法(自動積立投資)が限られますが、長期積立分散投資によりリスクを軽減して中長期で資産形成したい方におすすめです。

iDeCo・NISA・つみたてNISAを比較

iDeCo・NISA・つみたてNISAにはそれぞれ特徴があります。「年間非課税投資枠の上限」「運用期間」「途中引き出しの可否」を比較して見ていきましょう。

NISA/つみたてNISA/iDeCo/特定口座・一般口座の比較 [年間非課税投資枠の上限]NISA:120万円 つみたてNISA:40万円 iDeCo:職業、加入している年金の制度により異なる 特定口座・一般口座:非課税枠なし [運用期間]NISA:最長5年 つみたてNISA:最長20年 iDeCo:加入から60歳まで 特定口座・一般口座:制限なし [途中引き出し]NISA:OK ただし非課税枠の再利用不可 つみたてNISA:OK ただし非課税枠の再利用不可 iDeCo:原則不可 特定口座・一般口座:制限なし NISAとつみたてNISAの併用は不可

まず、年間非課税投資枠の上限、すなわち1年間に投資できる上限額は、NISAは120万円、つみたてNISAは40万円と決まっています。iDeCoは、職業や加入している年金制度によって上限額が異なります。

次に、運用期間は、NISAは最長5年、つみたてNISAは最長20年、iDeCoは加入から60歳までです。NISAは年間非課税投資枠の上限は高いものの、運用期間が短いことを念頭に置いておきましょう。

途中引き出しは、NISAとつみたてNISAは可能ですが、同じ年に途中で引き出した分の非課税枠の再利用はできません。iDeCoは原則途中引き出しができないので計画的に投資をおこないましょう。

NISAとつみたてNISAの併用はできませんが、iDeCoは他の制度と併用することができます。

iDeCo・NISA・つみたてNISAは投資目的で決めるのがおすすめ

それぞれの制度で投資枠の上限や運用期間、途中引き出しなどに違いがあるのがわかりましたが、実際に投資をおこなうとき、どの制度を選べばよいのでしょうか。ここでは、制度ごとに具体的な使用目的や使用時期をご紹介します。

iDeCo

iDeCoは公的年金だけでは不安を感じ、老後に充実した生活を送ることを目的とする方におすすめの投資方法です。60歳以上で10年以上の運用期間がないと受け取れません。原則、途中で引き出すこともできません。老後の公的年金の不足を補うために、毎月一定額の掛金を支払い、自分で資産運用をして老後に備えるためのものです。

積立をしたお金を受け取る際は「受け取り方」に注意が必要です。iDeCoの受け取り方には「年金」「一時金」「年金と一時金の組み合わせ」があり、給付時に税金がかかる場合があります。年金として分割で受け取る場合は「雑所得」、一時金として一括で受け取る場合は「退職所得」として扱われるからです。

iDeCoの年金資産は、年金として受け取る場合は「公的年金等控除」、一時金として受け取る場合は「退職所得控除」の対象となります。65歳未満で受給するとして、「公的年金等控除」を考慮すると「年金として受け取る金額は、年間60万円以下くらい」という目標が理想的でしょう。年金として受け取る場合、65歳未満で60万円以下であれば、雑所得は0円となり、課税されずに済みます。「一時金」として受け取る場合は、「退職所得控除」の金額と退職金の支給額を確認してから、受け取り方とタイミングを考えることが重要です。

NISA

NISAは、ある程度まとまった金額を投資して、利益を得たいと考える方におすすめの投資方法です。投資初心者でも少額から始められ、手持ち資金の使い道や使用時期が特に決まっていない方、あるいは余裕資金で投資にチャレンジしたい方に向いています。なお、NISAの非課税期間は5年間ですが、保有期間中の換金も可能です。ただし、途中で引き出した分の非課税枠の再利用はできないので注意してください。

NISAには、多くの活用方法があります。ある程度まとまった手元の余裕資金を必要な時期まで運用することで、結婚資金の準備や子供の教育資金の準備、住宅購入の頭金などに有効に活用することができます。ご自分のライフイベントから投資目的と目標金額を決めて始めるのがよいでしょう。

つみたてNISA

つみたてNISAはつみたて方式で分散してコツコツと資産形成するため、投資期間は長いがリスクを分散して運用したいと考える方におすすめの投資方法です。iDeCoとは異なり中途換金が可能なので、老後のための資産づくりだけではなく、教育資金や住宅の建て替え資金、クルマの買い替え資金、介護資金などさまざまな用途に向いています。保有期間は最長20年と長期間のため、少ない額からでも早めに始めると安定した資産形成が期待できるでしょう。
NISAとつみたてNISAは同じ年に同時には利用できず、年間でどちらか一つを選択する必要があるので注意が必要です。今後、自分の人生に起こり得る「ライフイベント」を紙に書き出してみて、使用目的や使用時期を明確にして、NISAでお金を貯めるか、毎月コツコツとつみたてNISAでお金を貯めるかを決めるのもよいでしょう。

iDeCoとNISAを併用するとどちらも活用できる

所得控除による節税効果があり運用益が非課税になるiDeCoと、売却益や配当金、分配金などの利益が非課税になるNISA・つみたてNISAですが、2つの制度を併用して利用することができます。

例えば、

の方が、毎月10,000円をiDeCoで20年間運用をおこなった場合、所得税と住民税の税制優遇額の約48万円と通常であればかかる運用益(税率20.315%)が非課税になるメリットがあります。

iDeCoは老後資金を確保する目的のため、60歳以上で運用期間が10年以上ないと引き出しができません。また掛金に上限もあります。それより前に必要な資金を貯めたい場合や上限以上の資金を必要としている場合などには、長期間で安定した資産形成が可能な「つみたてNISA」との併用がおすすめです。

つみたてNISAよりも短期間である程度まとまった金額の投資に挑戦したい場合や、5~10年以内に使用するお金を貯めたい場合などには、「NISA」との併用をおすすめします。

iDeCo、NISA、つみたてNISAを始めるなら

iDeCoやNISA、つみたてNISAのそれぞれの特徴や非課税の違いについて説明してきましたが、さらに詳しく知りたい方は、以下にご紹介する非課税制度の特集をご覧ください。

税制メリットの多い「個人型確定拠出年金(iDeCo)」。公的年金だけだと不安と感じている方に、今から老後に備えて準備するのにおすすめです。

預金以外の方法でお金をふやすなら、投資で得た利益が非課税になる「NISA」を利用するのがおすすめです。

たくさんのお金がなくてもコツコツ長期間でふやしたい方は、投資で得た利益が非課税になりNISAより長期間の運用が可能な「つみたてNISA」がおすすめです。

まとめ

ここまで、iDeCo、NISA、つみたてNISAの特徴を基に、メリット・デメリットや選び方をお伝えしました。まずは「どのような目的」で「いつ使いたいか」を明確にすることがポイントです。
iDeCoは公的年金に上乗せする私的年金制度の1つであり、原則として60歳まで途中引き出しできません。所得控除による節税効果や運用益が非課税になるメリットがあります。
NISAはある程度まとまった資金を運用するので投資の知識を必要とします。つみたてNISAは、少額でも長期積立分散投資によるリスク軽減効果により安定した資産形成が期待できます。自分のライフプランに合った制度でかしこく資産を運用していきましょう。

監修者

加治 直樹(かじ・なおき)

  • 1級FP技能士
  • 社会保険労務士

銀行員を経てFPとして独立。銀行員時代は数多くの中小企業向けに決算書の財務から会社の問題点洗い出しなど、企業経営に関連する幅広い業務を請け負う。現在は、中小企業向けに経営コンサルや管理業務の支援をおこなう傍ら、企業・個人問わず金融・保険・住宅ローン等をテーマにした説明会などを開催し、講師・コンテンツ(説明会資料など)作りをおこなう。

このページをシェア