このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください

ホーム > 普通預金だけなんてもったいない > 「万が一にそなえる機能」と「お金をふやす機能」をあわせ持つ商品

ここから本文です

特集9 「万が一にそなえる機能」と「お金をふやす機能」をあわせ持つ商品

お金はふやしたいし、万が一にもそなえたい。二兎を追う者は一兎をも得ずかな? そんなお悩みをお持ちの方は、保険を考えてみてはいかがでしょうか。 “万が一へのそなえ=保険”というのはわかるけど、保険でお金はふやせるの?

保険の中には万が一にそなえる保障機能以外にも、お金をふやす運用機能をあわせ持つ商品があります。

保険で資産運用!

保険は「不測の事態にそなえるもの」で、「お金をふやすためのもの」というイメージはないかもしれませんが、お金をふやす機能をそなえた保険もあるのです。

例:定額型の「一時払い個人年金保険」を紹介します。 定額型:「定額型」とは、将来の年金原資が確定もしくは最低保証されているタイプです。将来の受取額が変動するタイプを「変額型」と呼びます。 一時払い:「一時払い」とは、契約時に保険期間全体の保険料を1回払いで払い込む契約方法です。 年金保険:「年金保険」とは、公的年金や企業年金を補うために、お客さまご自身で老後の生活費等を準備するための保険です。

定額型の一時払い個人年金保険とは、一般的に、最初にまとまったお金を支払ったあと、年金形式で保険金を受け取れるタイプの保険商品です。 ※定額型の一時払い個人年金保険は、市場環境等により、保険会社の判断等にもとづき取り扱いを中止する場合があります。 たとえば、退職金の計画的な活用などに適しています。 今、まとまった資金があり、計画的に老後の生活に活かしたいお客さま向けの商品です。

定額型の『一時払い個人年金保険』のしくみの一例

定額型の『一時払い個人年金保険』のしくみの一例 グラフ

お客さまから払い込まれた保険料を、保険会社が予定利率または積立利率で運用します。
将来の受取年金額が契約時に定まっているのが特長です。

イメージ図

運用によって年金原資をふやせる保険です。

「そなえる」機能と「ふやす」機能をあわせ持つ保険を活用しないなんてもったいない!

老後の経済的準備として「保険」を活用

生命保険文化センターの生活保障に関する調査(速報版・平成28年度)によると、老後保障の私的準備手段として、預貯金に次いで多いのが『保険』なんですよ。ここでいう保険は、定額個人年金保険・変額個人年金保険や生命保険のことです。

保険で老後のお金の不安にそなえている人は多いんだね。

だけど、保険っていろんな種類があるじゃない。私に向いているのはどんな保険なのかしら? 保険は長い付き合いになるよ。自分で商品を選べるかな~?自分に合わない保険を選んじゃうと意味ないよ~ それもそうだな…。保険選びって難しそうだよな。どうやって選べばいいかわからないぞ。 そんな方は、窓口でご相談ください!

Point! 保険選びは、専門家に相談すること!
自分で選ぼうとすると人生設計や家族構成に合わない商品を選んでしまう可能性もありますから注意が必要です。

窓口を活用しないなんて、もったいない ~お客さまにあった保険商品を複数の保険会社の中から提案~

保険商品は本当にたくさんあるから、窓口でプロのアドバイスがもらえるのはいいな。 いま加入している保険の見直しの相談も、窓口でできますよ。 保険の見直しも!

人生の中で必要な保障内容は変化していきます。その変化にあわせた見直しは大切です。

お金をふやすためのヒントがつまった特集ページです

本ページ掲載の情報は平成29年6月19日時点のものであり、将来の市場環境等や運用成果等を示唆・保証するものではありません。