このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください
ここから本文です

お知らせ

一括伝送サービス 機能改善のお知らせ<12/18(月)実施>

2017.11.17

平成29年12月18日(月)より、一括伝送サービス(ライト・スタンダード)において、当行所定の時間内に限り、お客さま自身で操作画面から承認済みデータを取り消すことができる機能を追加します。

1.承認済みデータの承認取消機能のご案内

(1)機能概要

機能概要

(注1)地方税納付は対象外です。

(注2)預金口座振替はスタンダードのみの取扱いです。


(2)承認取消が可能な期間

承認取消が可能な期間

(注3)承認済みデータを当行所定の間隔で当行システム間のデータ送信をおこないます。
当行システム間のデータ送信済みの場合は取り消しできません。
操作タイミングによっては、承認取消できない場合がありますのでご注意ください。


(3)承認済みデータの承認取消時間の例(総合振込の場合)

承認済みデータの承認取消時間の例(総合振込の場合)

パターン(1):承認操作を12月27日(水)の18時40分までにおこなった場合
承認操作当日の18時40分まで承認取消が可能です。

パターン(2):承認操作を12月27日(水)の18時41分以降、23時59分までにおこなった場合
翌銀行営業日12月28日(木)の当行所定の初回伝送時刻まで承認取消が可能です。
操作のタイミングによっては承認取消できない場合がありますのでご注意ください。

パターン(3):承認操作を12月28日(木)におこなった場合
承認後1分~30分程度の間は承認取消が可能です。操作のタイミングによっては承認取消できない場合がありますのでご注意ください。

パターン(4):承認操作を12月23日(土)におこなった場合
土日・祝日は銀行休業日のため、翌銀行営業日12月25日(月)の18時40分まで承認取消が可能です。

2.操作方法のご案内(総合振込の場合)

承認権限のあるユーザが操作する際に、あらたに「承認済みデータの承認取消」ボタンが表示されます。
承認操作をおこなった承認者(ダブル承認(順序あり)の場合は最終承認者)のみ取り消しをおこなうことができます。
なお、承認取消には確認用パスワードが必要となります。

総合振込メニュー

なお、本件にともない、〈はまぎん〉ビジネスサポートダイレクト利用規定を改定します。
改定後の利用規定の内容はこちらからご確認ください。

利用規定

閉じる

ページの先頭に戻る