このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください
ここから本文です

地方創生「県産品お弁当コンテスト」(募集期間は終了しました。)

神奈川県は温暖な気候と変化に富んだ地形に恵まれ、さらには海を生かして、さまざまな農林水産業が営まれています。地場の食材を地元で消費することで、新鮮で美味しい多様な食文化を楽しむことができます。また、現在、神奈川県では「未病を治す」をテーマに、ヘルスケアの分野に力を入れて取り組んでいます。こうしたことを背景に、地元の食文化を育み、ひいては地方創生への取り組みの一端を担うことをめざし、「県産品を使ったヘルシー弁当で未病を治そう!」をテーマに、栄養バランスの取れた地産地消のお弁当を募集します。募集期間:平成28年4月1日(金)~6月10日(金)説明会:平成28年5月15日(日)15:00~16:30 会場:横浜銀行YBS南幸ビル8階大会議室※説明会への出席は任意としますが、可能な限り、ご出席くださいますようお願いします。調理コンテスト:平成28年6月25日(土)10:00~14:00 会場:横浜市中央卸売市場本場市場センタービル3階調理室 主催:横浜銀行 後援:神奈川県、神奈川新聞社 協力:横浜市経済局中央卸売市場本場、株式会社横浜グランドインターコンチネンタルホテル、株式会社崎陽軒、公益社団法人神奈川県栄養士会、株式会社京急百貨店、株式会社京急ストア

応募方法および応募期間

1.説明会参加申込書の提出
説明会参加申込用紙に必要事項を記入し、期間内に提出してください。
コンテストへの参加にあたり、説明会への出席は任意としますが、可能な限り、ご出席くださいますようお願いします。
募集期間:平成28年4月1日(金)~4月28日(木)

2.レシピ応募用紙の提出
レシピ応募用紙に必要事項を記入し、写真を貼付したうえで期間内に提出してください。説明会開催後のレシピの差し替えも可能です。
募集期間:平成28年4月1日(金)~6月10日(金) ※6月10日(金)必着

3.申込書提出先
説明会参加申込書、レシピ応募用紙の提出先はいずれも以下のとおりです。
〒220-8611
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-1-1 横浜銀行ブロック支援部 ソリューション営業推進室宛

※1封筒に「県産品お弁当コンテスト説明会参加申込書在中」もしくは「県産品お弁当コンテストレシピ応募用紙在中」とご記入ください。

※2送料はご負担ねがいます。

対象者

大学生および専門学生(1チーム4名までとします)

応募条件

最低2品に、神奈川県産の食材(以下に掲げるものからいずれか一つ以上)を使用することとします。
※仕入れ状況によっては、レシピ提出後にご相談させていただく場合があります。
神奈川県産の食材:キャベツ、大根、ほうれん草、小松菜、キュウリ、トマト、豚肉、まぐろ、あじ、さば、かます、貝類・海藻類(種類は応相談)
「未病を治す」というテーマに沿い、健康への配慮を“こだわりのポイント”としてレシピに盛り込んでください。
ご飯、パン、麺いずれも可とします。
キャラ弁は不可とします。
お弁当1個につき食材費をおおよそ300~500円程度までとします。
※各自でおおよその価格を算出することとします。
お弁当箱の大きさ、形状は特に指定しません。

審査方法

審査員による審査の結果、金賞・銀賞・銅賞を授与します!
金賞 …ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルお食事券4名さま分
銀賞 …崎陽軒商品券4名さま分
銅賞 …崎陽軒シウマイギフト券4名さま分

その他、金・銀・銅賞とは別に、ゲスト企業による特別賞を授与します!
特別賞受賞作品は、ゲスト企業が商品化を検討することもあります。
京急百貨店賞 …京急百貨店レストランお食事券1万円分
京急ストア賞 …京急ストア商品券1万円分

レシピ審査
応募用紙によるレシピ審査をおこないます。応募多数の場合、8チームを選考します。
コンテスト
レシピ審査通過チームにより調理された作品を、審査員が試食等により審査し、各賞を決定します。
コンテスト当日は、4人分(お弁当箱ひとつ分+審査員試食用に大皿に盛り付け)を調理していただきます。
開催日:平成28年6月25日(土)10:00~14:00 会場:横浜市中央卸売市場本場 市場センタービル3階 調理室
審査基準
次の項目で採点をおこない、総合得点にて順位を決定します。
1.味
2.見た目
3.調理方法の工夫(独創性など)
4.県産品活用の工夫(食材数や品数の多さ、魅力を生かしているか)
5.「未病を治す」テーマに沿っているか(栄養バランス、健康への配慮のこだわり)
6.ネーミング
特別賞(商品化)の審査基準
上記項目に加え、商品として人をひきつける魅力があるか(見た目、味、こだわり等)も加味して総合的に判断し、企業により決定します。
審査員(予定)
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル 総料理長 齊藤悦夫氏
株式会社崎陽軒 取締役 横浜事業本部長・開発本部R&D室長 君塚義郎氏
公益社団法人神奈川県栄養士会 理事 長谷川利希子氏
神奈川県 環境農政局農政部長 菊池雅美氏

日程等

1.説明会
平成28年5月15日(日)15:00~16:30(受付開始時間:14:30)
会場:横浜銀行YBS南幸ビル8階大会議室
内容:コンテストのルール説明、県産品の食材の紹介など

2.調理コンテスト
平成28年6月25日(土)10:00~14:00
会場:横浜市中央卸売市場本場 市場センタービル3階調理室

会場案内

1.説明会

横浜銀行YBS南幸ビル

横浜銀行YBS南幸ビル8階大会議室
(横浜市西区南幸2-15-20)
アクセス:横浜駅から徒歩5分
※駐車場の用意がありません。公共交通機関をご利用ください。

2.調理コンテスト

横浜市中央卸売市場本場

横浜市中央卸売市場本場 市場センタービル調理室
(横浜市神奈川区山内町1番地)
アクセス:JR横浜駅から徒歩20分、京浜急行神奈川駅から徒歩15分
※駐車場の用意がありません。公共交通機関をご利用ください。

お問い合せ先

ブロック支援部 ソリューション営業推進室
電話:045-225-1111(内線42127) Email: solution@hamagin.co.jp

結果発表はこちら

特別賞(商品化)に関する注意事項

商品に関する一切の権利は商品化を行う企業に属します。また、商品化にあたっては、企業の意向により、内容を一部変更する可能性があります。特に、以下の点に留意が必要です。

食品衛生上の配慮から内容の変更が生じる可能性があります。
食材の旬が商品化時期(コンテスト以降、3~4ヶ月後)に合うことや、商業ベースの流通量が確保できることなどが商品化の条件となります。
食品表示法の関係上、健康効果を謳う宣伝文句は活用できない可能性があります。

閉じる

ページの先頭に戻る