このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください

印刷する

ホーム > ためる・ふやす > 投資信託 > 投資信託の基礎知識 > 投資信託の種類

ここから本文です

投資信託の種類

お問い合わせ・お手続きなど 投資信託の注意事項(必ずご確認ください)
  • 投資信託とは?
  • 投資信託による運用のポイント
  • 円定期預金との違い
  • 投資信託の種類
  • お取り引きのはじめ方と費用

投資信託の種類(投資対象別)

投資信託には投資対象の違いによりさまざまな種類があり、投資対象の違いにより、期待できるリターン(収益)やリスク(価格の変動幅)も変わってきます。
そのため、まず、どのようなものを投資対象とするかを決めたうえで、運用する投資信託を選択することが重要です。

投資対象別のファンド分類(イメージ図)

投資対象別のリスク・リターン(収益)〔イメージ図〕

投資信託は大きいリターン(収益)が期待できる一方で、元本割れをする可能性がある商品です。
投資対象によりさまざまな種類がありますが、一般に大きいリターン(収益)が期待できる商品は、リスク(価格の変動幅)も大きく、リスクが小さい商品は期待できるリターンも小さくなります。


(注)この図は横浜銀行取扱ファンドのリスクとリターンの目安をあらわしたものです。

上手に運用するためのポイント

投資信託は価格変動のリスクを許容して、預金商品以上のリターン(収益)を狙う商品といえます。しかし、リスクはできるだけ避けたいものです。リスクを抑えつつ安定的なリターン(収益)をめざすにはどのようにすれば良いのでしょうか。
投資のリスクを軽減するには、「長期投資」と「分散投資」という2つの方法が有効です。

「長期投資」

一般的に、投資期間を長くとることにより、安定したリターン(収益)を得ることができる可能性が高まると言われています。特にリスクが大きい商品に投資する際には、長期保有を前提に考えることが大切なポイントになります。

「分散投資」

たとえば、国内株式に投資する商品のみを保有した場合、国内の株式が下落すると投資信託の価格が下落し、損失を被ることになります。そこで、種類の異なる国内債券、海外株式、海外債券などに投資する商品もあわせて保有すれば、それぞれが異なった値動きをすることが多いため、リスク(価格の変動幅)を低減することが期待できます。1つの商品に資金をまとめて投資するのではなく、投資対象の異なるいくつかの商品を組み合わせてお客さまのニーズに合ったポートフォリオを作成することが大切です。

ポートフォリオとは?

資産の運用を効率的におこなうためには、どのような金融商品をどのような割合で組み合わせて投資するかを考えることが大切です。このような金融商品の組み合わせを「ポートフォリオ」といいます。


投資信託の注意事項 リスクや手数料等についてはこちらをご確認ください。

電話で相談する

投信デスク
0120-84-4580

【電話受付時間】
銀行窓口営業日の午前9時~午後5時

※目論見書のご請求はこちら。

お店で相談する

お近くの資産運用ご相談窓口へ

店舗検索

セミナーに参加する

資産運用のノウハウや基礎知識をわかりやすくご説明するセミナーです

セミナー開催情報

インターネットバンキング・テレフォンバンキングで取り引きする

〈はまぎん〉マイダイレクトでの投資信託のお取り引き方法

〈はまぎん〉マイダイレクトのご案内

サイトマップを閉じる

ページの先頭へ戻る