このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください

印刷する

ホーム > ためる・ふやす > 投資信託 > 投信自動積立

ここから本文です

投信自動積立(投資信託定時定額購入サービス)

お問い合わせ・お手続きなど 投資信託の注意事項(必ずご確認ください)

〈積立〉で、ぐっと身近になりました。はじめてみませんか?投資信託。

「まとまった資金はないけれど、投資をはじめたい」というお客さまは、投資信託の積立を利用されてはいかがでしょうか。
「投信自動積立」は、NISA(少額投資非課税制度)でのご利用もできますので、中長期の資産形成にぜひご活用ください。

横浜銀行の「投資信託定時定額購入サービス」とは?

お客さまが指定された毎月の購入日に、ご希望の投資信託をご指定の期間にわたって自動的に購入するサービスです。

メリット1

月々5,000円から投資信託を積立形式で購入可能

月々5,000円から購入金額を指定できますので、気軽に投資信託への投資が始められます。年2回の範囲で金額を増やすことも可能です。収入にあわせて購入金額を見直すことで、投資信託を活用した中長期にわたる資産形成を無理なく続けることができます。しかも、購入代金は指定した預金口座から自動的に引き落とされるので、手間がかからず便利です。

メリット2

購入単価を安定的にならすことができる

投資信託のように価格が変動する商品へ投資する場合、定期的に一定額を購入する「ドル・コスト平均法」という投資手法が大変有効です。「ドル・コスト平均法」は、価格の水準にかかわらず一定額を購入することで購入単価が平均化され、まとめて購入する場合に比べ価格変動による影響を抑える効果が期待できます。また、価格が高い時には口数を少なく、低い時には多く購入することになるため、より効率的な投資ができます。「投資信託定時定額購入サービス」はこの方法を活用したものです。

投資信託定時定額購入サービス

メリット3

さまざまな種類の投資信託に手軽に投資できる

購入する投資信託は、投資対象や運用方針の異なるさまざまな銘柄からお選びになれます。それぞれの商品を5,000円から購入することができるため、手軽にさまざまな銘柄への投資が始められます。
また、投資対象や運用方針の異なる複数の銘柄を組み合わせて分散投資することにより、リスクを軽減する効果もあります。

※投信自動積立でご購入できない銘柄も一部ございます。詳しくは、横浜銀行投信デスクまたは、横浜銀行本支店の資産運用ご相談窓口までお問い合わせください。

ドル・コスト平均法で効率的に投資

まとめて購入する場合に比べ価格変動による影響を抑える効果が期待できます。

投資信託定時定額購入サービス

毎月ご指定の購入日に指定された銘柄の投資信託を購入するサービスです。

電話で相談する

投信デスク
0120-84-4580

【電話受付時間】
銀行窓口営業日の午前9時~午後5時

※目論見書のご請求はこちら。

お店で相談する

お近くの資産運用ご相談窓口へ

店舗検索

セミナーに参加する

資産運用のノウハウや基礎知識をわかりやすくご説明するセミナーです

セミナー開催情報

インターネットバンキング・テレフォンバンキングで取り引きする

〈はまぎん〉マイダイレクトでの投資信託のお取り引き方法

〈はまぎん〉マイダイレクトのご案内

サイトマップを閉じる

ページの先頭へ戻る