このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください

印刷する

ホーム > ためる・ふやす > 外貨預金 > 外貨預金の基礎知識 > 外貨預金の運用例

ここから本文です

外貨預金の基礎知識

お問い合わせ・お手続きなど 外貨預金の注意事項(必ずご確認ください)
  • 外貨預金とは?
  • 外貨預金の運用ポイント
  • 外貨預金の運用例
  • 為替手数料等について
  • 外貨預金のお手続きについて

外貨預金の運用は、為替相場の動向が1つのポイントです。
満期を迎えた時の円相場がスタート時よりも「円安」・「円高」それぞれの場合で下記のような運用例が想定されます。

自動継続外貨定期預金の運用例

85万円を米ドルで1年間、年利率0.1%(税引後0.079685%)で運用される場合

仲値が1ドル=84円(TTS=85円)の場合

85万円÷TTS85円=10,000ドル

※預け入れ時にお客さまが負担される為替手数料(TTS-仲値)は、10,000円となります。

[(85円-84円)×10,000ドル=10,000円]

1年後

元本 10,000ドル 税引後利息 7.97ドル 税引き後お受取外貨額 10,007.97ドル

10円 円高

スタート時よりも10円円高になった場合

10円 円安

スタート時よりも10円円安になった場合

10円 円高

満期時のご選択

その1
そのまま自動継続
円安になるのを期待しつつ、継続して利息を増やす。
その2
解約し、外貨普通預金で運用
外貨普通預金に入金し、円に交換するチャンスをうかがう。
その3
解約し、円に交換
円貨の普通預金に預け替えをし、損失を確定する。

10円 円安

満期時のご選択

その1
そのまま自動継続
さらなる円安を期待。
そのまま継続して利息を増やす。
その2
解約し、外貨普通預金で運用
外貨普通預金に入金し、円に交換するチャンスをうかがう。
その3
解約し、円に交換
円貨の普通預金に預け替えをし、利益を確定する。

※本運用例での為替手数料(TTS-仲値または仲値-TTB)は1ドル=1円です。

作成・解約する際の為替手数料等について

自動継続外貨定期預金の運用例

利息に対する課税
個人のお客さま
利子所得として、20.315%(国税15.315%・地方税5%)の源泉分離課税が適用されます。
マル優は、ご利用になれません。
法人のお客さま
総合課税となります。
為替差益に対する課税
個人のお客さま
雑所得として確定申告による総合課税となります。
(ただし、年収2,000万円以下の給与所得者で、為替差益を含めた給与以外の所得が20万円以下の場合であれば、所得税の確定申告は不要です。)
為替差損は、黒字の雑所得から控除することができます。
法人のお客さま
総合課税となります。

※上記の税制は平成25年2月末現在の情報をもとに作成しており、今後変更される場合があります。

電話で相談する

ハローサービス
0120-188-824

【電話受付時間】
平日、土日:午前9時~午後5時

※土日以外の祝日・振替休日、12月31日~1月3日、5月3日~5月5日はご利用できません。

お店で相談する

お近くの資産運用ご相談窓口へ

店舗検索

インターネットバンキング・テレフォンバンキングで取り引きする

〈はまぎん〉マイダイレクトでの外貨預金のお取引方法

〈はまぎん〉マイダイレクトのご案内

おすすめの検索キーワード

サイトマップを閉じる

ページの先頭へ戻る