このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください
ここから本文です

提供:株式会社ZUU

作成日:2018年5月10日

【特集】自動車ローンの返済シミュレーションしてみよう!!毎月の返済額はいくら?

イメージ画像

自動車ローンの毎月の返済額がいくらになるのかを自身で計算するのは大変かもしれません。ただ、金融機関のサイトにある返済シミュレーションを利用すれば、毎月の返済額を簡単に調べることができます。では、借入額と毎月の返済額について、具体的に考えてみましょう。


■自動車ローンのおさらい 
自動車ローンとは、その言葉のとおり自動車の購入を目的としたローンのことをいいます。そして、自動車ローンには金融機関のマイカーローンや自動車販売会社のディーラーローンなどさまざまな種類のローンがあります。一定の条件を満たした人(年齢、年収等)が対象のローンで、使いみちごとにすこしずつ違うこともあるので、事前に必ず確認しておきましょう。

ちなみに、金融機関のマイカーローンは自家用の自動車・バイク(新車、中古車)の購入資金、運転免許証の取得資金、車検・修理・付属部品の購入資金などに使える場合が多いようです。

■自動車ローンを組む時に考えたいこと
自動車ローンは変動金利と固定金利がありますが、横浜銀行の場合は変動金利のみを取り扱っています。ローンを組む時に、毎月いくら支払わないといけないのか、金利が上がっても返済できるか、完済まで何回払いになるのか、トータルいくら支払わないといけなくなるのかをよく考え、自分の家計に大きな影響を与えないようにしたいものです。
ローンの完済までの総返済額を調べるためにも、ぜひシミュレーションをしてください。

■私が買いたい自動車の場合はどうなる?(100万円の自動車で計算)
100万円の自動車を購入するときのことを考えて、マイカーローンご返済シミュレーションを利用して計算すると、以下のようになります。

借入額100万円、ボーナス返済なし、返済期間5年、金利2.8%の場合

毎月の返済額 17,879円
総返済額 1,072,740円
諸費用合計 4,240円

100万円のマイカーを購入するときには総額1,072,740円かかることがわかりました。現金一括購入と比べ、約70,000円の上乗せになります。一方で、毎月の支払い額は17,879円になります。家計の中でこの金額を無理なく支払えるのかを考えるとより具体的になりますね。

■返済プランの考え方とは
もちろん、自動車の購入にあたり、すべてを自己資金で賄うことができる人もいるかもしれません。また、頭金を用意して残りはローンを組むという人もいれば、ボーナス時にはいつもより多めに返済ができると考える人もいるかもしれません。

繰上返済ができれば、総返済額をおさえることもできますので、今後5年、10年という長い期間ローンを組む可能性がある人は貯蓄をしながら検討してみるのもよいかもしれません。ただし、繰上返済をする時には、借入先によっては手数料が都度かかる場合もありますので、まとめて返済することができないかなど、効率的に考えるのが大切です。

本ページ掲載の情報は作成日時点で株式会社ZUUが執筆したものであり、現時点において最新の情報でない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

横浜銀行のマイカーローン

閉じる

ページの先頭に戻る