このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください

印刷する

ホーム > かりる > 住宅ローン > 住宅ローン(フラット35)

ここから本文です

住宅ローン(フラット35)

フラット35とは、最長35年長期固定金利の住宅ローンです。

  • フラット35とは?
  • 金利タイプ
  • お借り入れまでの流れ
  • ご相談・シミュレーション

住宅ローン(フラット35)の7つの特徴

特長1

独立行政法人住宅金融支援機構の証券化支援事業を活用した住宅ローン

お客さまの住宅ローンは、お借入後、独立行政法人住宅金融支援機構に譲渡されます。〈フラット35のしくみ〉については以下をご覧ください。

フラット35の仕組み

特長2

最長35年の固定金利の住宅ローン

お借入時にご返済額が確定しますので、将来にわたって返済計画が立てやすくなります。

特長3

8,000万円以内かつ建設費または購入価額の100%までお借入可能

建設費または購入価額には、以下の1~6の諸費用の支払資金(領収書等で確認できるもの)を含むことが可能です。
諸費用は、お申し込みご本人が直接申請先に支払う場合にのみ、お借り入れが可能です。
他の金融機関からのお借り換えにもご利用になれます(お借り換え対象債権の100%までお借り入れが可能です)。
お申し込みにあたっては、当行所定の審査があります。審査結果によっては、ご希望に添えない場合があります。
1.建築確認・中間検査・完了検査申請費用(住宅建設費のみ)
2.請負(売買)契約書貼付の印紙代(お客さまご負担分)
3.住宅性能評価検査費用(住宅建設費のみ)
4.適合証明検査費用
5.借り換え資金に係る諸費用
6.長期優良住宅の認定を受けるための費用および住宅省エネラベル適合性評価申請手数料
特長4

耐久性など一定の技術基準を満たした住宅が対象

独立行政法人住宅金融支援機構の定める独自の技術基準に適合する必要があります。
物件検査にあたって必要となる物件検査手数料は、お客さまのご負担となります。

特長5

原則として、住宅金融支援機構所定の団体信用生命保険にご加入いただきます

特約料はお客さまのご負担となります。特約料は年払いとなります。

特長6

繰上返済・条件変更の手数料0円

一部繰上返済は、100万円以上であることなど一定の条件を満たした場合におこなうことができます。なお、1か月以上前のお申し込みが必要です。

特長7

保証料0円

住宅ローンのお借入時に必要となる保証料が不要です。保証人も必要ありません。

詳しい内容については、独立行政法人住宅金融支援機構フラット35サイトをご覧ください。

独立行政法人住宅金融支援機構フラット35サイト

フラット35の仕組み

独立行政法人住宅金融支援機構が民間金融機関の住宅ローン債権を買い取り、その債権を信託銀行等に信託します。それを担保として独立行政法人住宅金融支援機構が独立行政法人住宅金融支援機構債券(資産担保証券:MBS)を発行(これを証券化といいます。)し、債券市場(投資家)から債券発行代金を受け取ることにより、住宅ローン貸出のための資金を調達するしくみです。

住宅ローンについては、独立行政法人住宅金融支援機構の示す一定の基準(買取基準)に合致する必要があり、融資お借り入れと同時に独立行政法人住宅金融支援機構に譲渡されます。

フラット35の仕組み図

「住宅ローン(フラット35)」については、インターネットからはお申し込みできません。

住宅ローンのご利用を検討されているお客さま

ダイレクト住宅ローンセンター
0120-54-4580

【電話受付時間】
銀行窓口営業日の午前9時~午後5時

横浜銀行の住宅ローンをご利用中のお客さま

ダイレクト住宅ローンセンター
0120-61-4580

【電話受付時間】
銀行窓口営業日の午前9時~午後5時

支店併設の住宅ローンセンター

住宅ローンセンター一覧

支店融資窓口

店舗・ATM検索

 

お借り入れの対象となる物件の所在地は、原則として神奈川県全域および東京都の一部および群馬県の一部としています。

東京都内でお借り入れの対象となる物件の所在地(57KB)

詳細については、ダイレクト住宅ローンセンター(0120-54-4580)にお問い合わせください。

サイトマップを閉じる

ページの先頭へ戻る