このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください
ここから本文です

公共料金事前明細通知サービスの仕組み

従来の仕組み

従来の仕組み
1.各収納機関により、納付期限にバラつきがあり、支払い管理が煩雑である。
2.支払件数が多いため、納付作業に手間がかかる。
3.支払伝票等の作成により会計部門の事務処理負担が大きい。
4.納付を失念すると延滞金が発生してしまう。
5.口座振替を導入したいが、「(1)事前の支払い承認ができない (2)支払い部署が分からない (3)口座に資金を余分に用意するため資金効率が悪い」などの問題から納付書による支払方法をとらざるを得ない。

導入後の仕組み

〈はまぎん〉公共料金事前明細通知サービス(地銀公振)

閉じる

ページの先頭に戻る