このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください

印刷する

ホーム > 横浜銀行について > あなたのそばで、夢みる毎日。 > はまペン3Dアプリ

ここから本文です

はまペン3Dアプリ

仕上げたぬり絵の色のまま、はまペンが立体(3D)になって動き出します‼
はまペンの動くぬり絵が登場しました

はまペン動くぬり絵とは

はまペンAR用ぬり絵に、専用のアプリをインストールしたスマートフォンをかざすだけで、ぬった色のままのぬり絵の世界が立体になって動き出します。ぬり絵を仕上げて、不思議でかわいいはまペンARの世界をお楽しみください。
※AR=Augmented Reality拡張現実。コンピューターを利用して、現実の風景に文字や画像や動画などの情報を重ね合わせて表示する技術です。

  • はまペンARはまペンAR
  • はまペン3Dはまペン3D

はまペン動くぬり絵の楽しみ方

「必要なもの」

①はまペンAR用ぬり絵の台紙
→PDFを用意していますのでダウンロード・印刷してお使いください
②色鉛筆
→パステルでもマーカーでも問題ありません
③カメラが付いているスマートフォンかタブレット
→AppleでもAndroidでも大丈夫です
④アプリ「はまペンAR」
→以下のQRコードもしくは、iOSの場合はApp Storeで、Android OSの場合はGoogle playで「はまペンAR」を検索してダウンロードしてください

「楽しみ方」

①まず、はまペンAR用ぬり絵を仕上げます
→途中段階でもそのまま表示されるので問題ありません
②「はまペンAR」アプリを前項④の要領でダウンロードします
→アプリは無料ですが本アプリの利用ダウンロードにかかる通信費用はご負担ください
③アプリを起動してぬり絵にかざします
→「はまペンAR」を起動して色付けしたぬり絵全体が入るようにかざしてください
→スマホのカメラがぬり絵から外れると3Dアニメが表示できなくなりますのでご注意ください
④ぬった色のままではまぺんが動き出します
→ぬり絵が表示されたらはまペンをタップ、アニメが始まります

ぬった色で立体アニメの色も変わります

  • ぬった色で立体アニメの色も変わります01
  • ぬった色で立体アニメの色も変わります02

「画面の説明」

  • アプリを起動するとホーム画面が現れます
    アプリを起動するとホーム画面が現れますアプリを起動するとホーム画面が現れます

はまペンARのアニメーションのストーリー(約15秒)

みなとみらいを散歩していたはまペンが、大好物のイワシの缶詰屋さんを見つけて喜ぶ。急いで走ったところ、泣き虫でおっちょこちょいのはまペンは転んで泣いてしまいます。再び立ち上が り、ポンくまがいる缶詰屋さんへ向かいます。

さらなるお楽しみ

「おこづかいちょう」や「はまペンメモ帳」の表紙に「はまペンAR」アプリをかざしてみてください。
フルカラーバージョンのはまペンが動き出します!!

  • おこづかいちょう
    おこづかいちょうおこづかいちょう
    (表紙が違う色でも動きます)
  • はまペンメモ帳
    はまペンメモ帳はまペンメモ帳

ARアプリ使用時のおこづかいちょう

サイトマップを閉じる

ページの先頭へ戻る