このページの本文へ移動するにはエンターキーを押してください

印刷する

ホーム > 金融犯罪にご注意ください > 不正利用被害の最新事例をご紹介しています!

ここから本文です

【重要】不正利用被害の最新事例をご紹介しています!今すぐ確認を!

報道等にもあるとおり、インターネットバンキングを悪用した金融犯罪が増加しています。
警察庁の公表資料では、インターネットバンキングにおける不正送金事犯は継続して発生しています。
お客さまの大切な預金を守り、被害を未然に防ぐために、必ずセキュリティ対策をおこなってください。

1.不正送金被害のおもな原因

不正送金の被害に遭う原因は以下に大別されます。

ウイルス感染により、偽の画面でパスワードなどを入力してしまった

お客さまは、横浜銀行のホームページにアクセスしています。
しかし、特定のウイルスに感染しているパソコンでは、ログイン時に通常表示されない「確認パスワード(振り込み時に使用)」が表示され、入力したIDやパスワードが第三者に盗み取られてしまいます。

ウイルス感染

偽の画面でパスワードなどを入力してしまった

不審メールのURLをクリック後、表示された画面案内にそってパスワードなどを入力してしまった

お客さまは、横浜銀行のホームページにアクセスしています。
しかし、特定のウイルスに感染しているパソコンでは、ポップアップが表示され、入力した情報が第三者に盗み取られてしまいます。

不審メールのURLをクリック

表示された画面案内にそってパスワードなどを入力

クラウドサービスなどに保存していたID・パスワードなどを搾取された

クラウドサービスなどに保存していたID・パスワードが何らかの方法で盗み取られてしまいます。
マイダイレクトで使用する契約番号やログインパスワードなどを保存していない場合でも、他のサービスと同一パスワードを使用していた場合は、不正送金被害に遭う可能性があります。

クラウドサービスなどに保存していたID・パスワードなどを搾取された

不正送金

2.不正送金の被害に遭わないための対策

ウイルス対策ソフト・セキュリティ対策ソフトを必ずご利用ください!

実際に被害にあわれたお客さまは、セキュリティ対策が不十分である事例が多く報告されています。

ウイルス対策ソフトを利用していない、または期限切れ。 【ウイルス監視がされていない状態】
ウイルス定義ファイルの最新化をしていない。 【古いウイルスしか検知が期待できません】

インターネットバンキングをご利用の際には、パソコンには必ず市販のウイルス対策ソフトを導入し、ウイルスを検知・駆除した状態でアクセスしてください。

また、ウイルス対策ソフト、ウイルス定義ファイルは、常に最新の状態に更新するとともに、定期的にウイルススキャンを必ず実施してください。
ウイルス感染している場合は、パソコン等の利用はすぐに中止してください。
【感染の兆候】

パソコン等(PC)の不審な動きがないか。
PCの動作速度が低下していないかどうか。

PhishWallプレミアム(ご利用無料)を必ずご利用ください!

市販のウイルス対策ソフトだけでは、新たに作られた不正送金ウイルス(マルウエア)は検知できない場合があります。
PhishWallプレミアムでは、「不正送金ウイルス(マルウエア)の動きのクセ」を検知します。

ウイルス対策ソフトでは検知できなかったウイルスについてPhishWallプレミアムでは検知した事例が複数報告されています。お客さまがご利用のパソコンには、市販のウイルス対策ソフトを必ず導入し、あわせてPhishWallプレミアムもご利用ください。
また、PhishWallについても、最新のバージョン(※)かどうか確認し、常に最新のバージョンをご利用ください。
※PhishWallツールバーの左マークをクリックし、表示されるメニューから「バージョン情報」を選択してください。

市販のウイルスソフト:ウイルスの検知率は100%ではありません。新種のウイルスなどは、検知できない場合があります。PhishWall:不正送金ウイルス(マルウエア)の動きのクセを検知します。100%ではありませんが新種のウイルスでも検知することができます。
不正送金・フィッシング対策ソフト PhishWallプレミアムのインストールはこちら【無料】

不正送金ウイルス(マルウエア)を検知すると?
PhishWallプレミアムが、不正送金ウイルス感染の兆候を検知すると、以下のような画面が表示されます。
また、お振り込みなどの次の画面に動けなくなり、パスワードなどの流出を防止します。

<Internet Explorer版>

<Firefox、Chrome版>

ワンタイムパスワードをご利用ください!

ワンタイムパスワードは、60秒ごとに変更される「使い捨てパスワード」で、安全性が高い認証方式です。
インターネットバンキングでお振り込みなどを利用される際に、確認パスワードに加えてパスワード生成機に表示されるパスワードを使用します。ご利用にはお申し込みが必要です(利用手数料は無料です)。

ワンタイムパスワードご利用開始までの流れ


※ワンタイムパスワードを利用されないお客さま
ワンタイムパスワードの代わりにメール通知パスワードを使用します。
お振り込みおよびペイジー払込み(民間企業あて)のお取り引きの際に必要な「メール通知パスワード」の送信先として登録できるメールアドレスを、携帯電話のメールアドレスに限定しています。

メール通知パスワード

ご注意 必ずお読みください

「PhishWall プレミアム」をインストールしたことによって、パソコンの安全性が保証されるわけではありません。
「PhishWall プレミアム」は、MITB攻撃対策とフィッシング対策に特化したサービスですので、 ご利用の際は市販のセキュリティソフトの導入と、最新版へのアップデートをお願いします。
「PhishWall プレミアム」は、サービス未対応サイトを閲覧する際には機能しません。
「PhishWall プレミアム」は、スマートフォンや携帯電話ではご利用になれません。
本ソフトには情報収集機能などがありますので、ご利用の際には、株式会社セキュアブレインの定める使用許諾契約書をよくお読みください。
「PhishWall プレミアム」は株式会社セキュアブレインが開発したソフトを横浜銀行が提供します。
「PhishWall プレミアム」をご利用の結果、お客さまが受けた被害について、横浜銀行は責任を負いません。お客さまのパソコン動作が不安定になるなどの事象が発生した場合は、株式会社セキュアブレイン テクニカルサポートセンターにご連絡ください。
不正送金・フィッシング対策ソフト PhishWallプレミアムのインストールはこちら【無料】

インターネットバンキング

〈はまぎん〉マイダイレクト ログイン

  • 新規申込
  • マイダイレクトのご利用・ご案内

店舗・ATMのご案内

  • 利率一覧
  • 手数料一覧
  • 外国為替
  • マーケット情報
  • マネー・シミュレーション
  • お問い合わせ
  • 資料請求・郵送申込
  • 各種お手続き(紛失手続き、住所変更など)
  • セミナー開催情報(個人のお客さま)
  • キャンペーン一覧

金融犯罪にご注意ください 詳細はこちらへ

サイトマップを閉じる

ページの先頭へ戻る